RT-JPN ’s diary

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RT-JPN ’s diary

ご覧いただき有難うございます。アメブロからお引越ししてきました。私は主にブローカーをやりながら初心者様を専門としたネットビジネスの講師をしております。ブログ内容としましては、ビジネス関連の事や商品のレビュー、紹介などをしていこうと思っております。お気軽にお問い合わせもお待ちしております。宜しくお願い致します。

    初心者だからってあきらめていませんか? ネットビジネスで自由なお金と時間を手に入れよう♪

安いノウハウや情報に惑わされるな!

どうもRT-JPNです♪

 

早速ですが、タイトルにある通りビジネスを始めたい稼ぎたいと言っているのに
安い商材に惑わされて結局稼げていない人が多い上にそう言った内容の
ご相談が多いので、記事にさせて頂きました。

そう言った内容のご相談に関しては書いたらキリがないのですが
〇〇の商材を買ったのに稼げない、詐欺に遭ったなどの相談などです。

 詐欺の相談所 ではないのですがね(´-ω-`)w

 

正直に言ってしまいますが、某オークションやSNSで販売されているような
安い情報や無料とされている情報を買ったところで稼げるのは一部の人間です。

更にその一部の人間と言うのはその情報を販売している人です。

 

私はコンサルタントもしておりますので、どんな情報が出回ってしまっているのかなどを調べる為に、安い情報とかも購入したりしていますが、役に立たない情報しかないですよ・・・

 

例えば「メルカリ無在庫転売で稼げる」で1000円以下などで売ってる商材なんて
内容としては仕入れ先とメルカリの使い方と有料のツール(販売者の利益になるツール)の情報を纏めてPDFにして販売しているだけですから・・・

 

その程度の情報であれば、グーグル検索などでメルカリ無在庫転売で検索すれば
買わなくても情報が得られます

 

要は買う必要がない情報を買っている人が多すぎるという事です。

 

言い方を悪くすれば、買わなくても調べれば出てくるような情報を
騙されて買ってしまう程、ビジネスに向いていない人という事です。

 

寧ろ、稼ぎたいと言ってるのにメルカリ無在庫転売って・・・
と思ってしまいますが、今回はその件に関しては控えさせて頂きます。

 

本当に稼げる情報と言うのは某オークションなどでは出回らないですし
出回っていたとしても安値ではないです。

 

本当の情報を手に入れるのであれば、富裕層が集まるお食事会などです。

 

富裕層でなかったとしても、成功されている社長が集まるような場所です。

一人当たり参加費10万円とかそんな感じの場です。

 

商工会などで誘われるのお食事会などや
異業種お食事会などは行かなくていいです。

 

正直、時間とお金の無駄です。

 

そんな場所の情報なんて役に立つものもないですし
相手は自分の商材を売り込む目的で来てる方もいます。

特に保険屋さんなど・・・

言い方悪いですが、そういうところでないと集客できないのでしょうね・・・

 

因みにですが
某オークションなどで販売されているのは以下のような人です。


ネット検索で情報を収集して簡易的に纏めた物を販売している
初心者の情報屋

 

情報の中に自分のツールや高額塾の誘導内容を入れ込んでいる
高額塾、ツール販売者、詐欺師、MLM

 

もう使えなくなる情報だから完全に使えなくなる前に
ビジネス初心者に高額で売りつけようと考える
富裕層の一部

 

などです。

 

定期的に情報収集の為に某オークションなどで購入しておりますが
大体85%は上記のような方達が販売しております。

 

残り15%は新しいビジネスを考案した人だったり、
まだまだ稼げるノウハウを販売している方もいます。

 

ですが、15%の良い方に当たったとしても一般の方や初心者では
稼げないんじゃないかな?とは個人的に思います。

 

まずはじめに「怪しい」と感じますし「資金的に厳しい」と
いう感じで諦めたり行動しないと思います。

 

一概に全ての方とは言いませんが
良い商材なのかどうか見分けがつけられないと思います。

 

最近多いのですが、商材のうたい文句で多いからか
0円で始められるビジネスってないですか?とか
リスク0が良いのですが・・・とか
〇〇に登録すれば必ず稼げますか?
っていう方多いですよね・・・

 

ハッキリ言いますが、そう言った考えの方は
会社にしがみついてた方が良いよ・・・
としか言いようがありません。

 

ビジネスは他責にする人は必ず失敗します

 

全てにおいて自己責任だと思っている方ではない限り
ビジネスに向いてませんから、さっさとどこかの会社に入社又は
今勤めている会社にしがみついていた方が良いと思います。

 

これに関しては、馬鹿にしているわけではないのです。

ただ、今の考えですと必ず失敗しますから
その甘い考えを直さない限り、独立なんて考えない方が良いという事です。

 

以前にどこかの記事でも同じことを書かせて頂きましたが
よくコンサルタントに頼めば必ず儲かる勘違いしている方もいらっしゃいます。

 

ですが、あくまでコンサルタントと言うのは
今やられている業の中で問題を抽出して改善し、良い方向へ持っていくのを目的
としてアドバイスしていきます。

結果的にやる気があり改善して行ったら売り上げが伸びるという事です。

 

世の中にはやる気がある人とやる気がない人がいます。

ですから、稼げるかどうかはその方次第なのです。

 

アドバイスをしても実践しないのであれば稼げるわけがないのです。

 

ですからどんな生徒が入ってくるかもわからない状態で
必ず誰でも稼がせます」とうたっているようなコンサルタント
集客目的(入会金目的)の場合が殆どです。

 いざ入ってみたらろくなアドバイスもしないで
稼げないのは貴方が悪い」とだけ言って何もしないコンサルタント
中にはいらっしゃいます。

 

ただ、どんなに良いコンサルタントでも
やる気がない人はアドバイスをしても行動しないので
稼げるわけがないのですが、そう言った方に限って
折角コンサル料払ったのに稼げなかった」と言い始めて他責にし、
このコンサルタントは詐欺だ」と言い始める人も多いですね。

 

 何度も言うように行動しなければどんなに良いコンサルタントに頼んでも
稼げるはずがないのです。

 

あまりそう言った方をどうこう言うつもりはないのですが
経営者思考の方はお分かりだと思いますが、ビジネスに向いていないですよね。

その考えが変えられない限り、稼ぐことはできないのです。

 

確かに環境が整っているのであれば0円を数十万にすることは可能です。

 

ですが、環境もビジネスも人脈も情報もノウハウも整っていない人が
出来る技術ではありません

 

ちょっとした情報を持っていたとしても
月/10万稼げればいいんじゃないかな?程度のです。

 

そう言った「多少お金になれば良い」と考えているのであれば
自己アフェリなどでもやっていた方が良いのでは?と感じます。

ビジネスではなくお小遣い稼ぎをした方が良いという事です。

 

これから自分自身で稼いで生きていくとビジネスを考えているのであれば
ビジネスで考えると大した額ではないですから初期投資で50万位は用意してみたら?とも思います。

 

そんなお金ないとかいう方も多くいらっしゃいますが
ないなら作ればいいそれだけです。

 

これからビジネスをして稼ごうとしている人間です。

初期投資の50万も作れないのであればその時点であまり向いていないですよね。

正直、個人レベルでも100万位は簡単に作れます。

 

それくらいであれば色々な方法あるでしょ?ってことです。

 

因みにですが、例えで50万と言っているだけです。

中には50万って少ないだろと思われる方もいらっしゃるかと思いますが
仮に50万と言っているだけで、この値段で十分と言っているわけではないことを
ご理解ください。

 

中には50万でも高いと思われる方もいらっしゃいます

その方達にとって500万とか1000万とか言っても現実味はないので、
少ない額で書かせていただいた次第です。

 

ビジネスによっても初期投資の必要額は異なりますので、
とりあえずの価格を設定しております。

 

話を戻しますが、結局使えない情報だけを買い続けて数万も数十万も使うのであれば
さっさと初期投資して「ビジネスをやった方がいい」と言う事です。

 

インプットだけしていたって1円稼ぐどころかマイナスにしかなりませんから
まずは行動しろと言う事です。

 

インプットは確かに大切ですが、
アウトプットをするためにインプットした方が良いと思います。

 

要は行動しながら又はするためにインプットをすると言う事です。

 

例えばですが、ブログでアフェリエイトをして稼ぐとします。
※私はアフェリエイトを推奨しているわけではございません

 

例として車関係のブログを運営するとして、
その方は車に関して全く知識がないとします。

 

その場合、日本人は特にある程度勉強をして
知識をつけてからブログを書こうとします。

 

大体は勉強はするが、まだ知識が足りないとか言い訳をして
1記事すら書かないで終わる人も多いです。

 

これだと意味がないのです。

 

ですから、まずは勉強をする前にブログを作ってしまって
作り終わったら何も考えずに最初の1記事目に
これから毎日、車関係の記事を一日一記事アップします」と
公開してしまうのです。

 

そうなると記事を書くために
嫌でもインプットをしないと明日の記事が書けないわけですから
インプットもしますし、アウトプットもしていけるようになります

 

行動力がある方はこのようなやり方でなくても大丈夫ですが
結局、行動しなかったと言う経験がある方は上記のような方法の方が向いている
と思います。

 

今回、ブログで例えを出しましたがビジネスでも同じです。

まずやりたいビジネスを始めてしまって、
行動をしながら必要に応じてインプットして行くと言う事です。

 

ある程度ビジネスをしていくと、
某オークションなどで売っているような商材なんて買わなくなります

 

ビジネスをしていく中で基本的なことばかりしか書いていない
又は使えない情報だと分かってきますし、判断ができるように
なるからです。

 

ですから、まずは情報収集とか言って変な情報を買っているくらいならば
ビジネスのための第一歩である初期投資をさっさとしてしまって
ビジネスを始める。ここがスタートです。

 

物販であればさっさとリサーチして売れる商材を仕入れた方が
先につながるという事です。

 

初期投資でいくら必要かを計算して、最低必要な資金を割り出し
手元にそのお金がないのであればどうやったらその資金が手に入るか
考えてお金を作る。

 

そこからです。

 

無料で落ちているようなどうでもいいビジネス情報を集めている暇があるならば
時間は十分にありますから、無駄な情報ではなく資金の作り方などを検索されては
いかがでしょうか?

 

貴方がやりたいのはビジネスですよね?
稼ぎたいわけですよね?


お小遣い稼ぎやノウハウコレクターになりたいわけではないと思います。

ですから、まずは稼ぐにつながる行動をしていきましょう。

 

小さなことで悩んでいたり、その度に立ち止まっていては
いつになってもビジネスなんて進めません。

 

自分の思い描く世界を手に入れるためにまずは行動しましょう。

 

 

Ps,

内容によって他で書いた記事とかぶる事が御座います。

ですが、同じような事を書いても同じような質問が来ることが多いので
定期的に内容を少し更新して書かせて頂いております。

既に十分理解している方には申し訳ないのですが、上記の理由により
同じような記事が上がる時が御座いますがご了承ください。

 

 

 ご不明点やご相談、ご入会前の面接がご希望の方は右側リンクのお問い合わせフォームまたはLINEからお気軽にご連絡くださいm(_ _)m

※返す必要がないと判断したメールには基本的に返信しておりません

交渉が上手くなりたいのならば物を買う時に値下げしよう

どうもRT-JPNです♪

 

今回は代表(社長)である方に向けて書かせていただきます。

 

突然ですが、貴方は物を買う時に値下げ交渉はできますか

 

物を買う時に値下げ交渉をするのは、普通の人はできない行動です。
※一部を除く

 

勿論、ネット上の交渉ではなく実店舗での交渉です。

ネットでの値下げ交渉であれば誰でも出来ます

 

どのように思われようが顔も知らない同士ですから
何も考えずに交渉ができるからです。

 

 

 

と言うわけで今回のテーマはこちら

f:id:rt-jpn:20170502115604j:plain

 

今回はこれに関して書いていきたいと思います。

 

実際にネット上ではバンバン値下げ交渉をしている人を
実店舗に連れて行って値下げ交渉出来るかどうか
検証してみると殆どの人が交渉すらできません

 

交渉までは言っても結局値下げ成立できない
数百円程度の値下げまでしかできません。

 

商品が高額であれば数千円は値下げできますが
それはお店側の許容範囲で痛くも痒くもない価格程度です。

 

1000円の商品を100円だけ値下げできたのと同じ感覚です。

 

それでは交渉が成功したのではなく
お店側の許容範囲内での売り方に乗せられて買わされただけです。

 

私が言っていますのは
お店側が設定している許容範囲以上の値下げ交渉です。

 

 

例えば10万円の商品があるとします。

真っ当なビジネスをやられていれば10万円位出せると思います。

 

ですが、値下げの理由はお金じゃないのです。

 

その10万の商品の原価を調べた上でお店の利鞘も考えつつ
どこまで安く交渉できるかがポイントなのです。

 

結局、10万の商品を9万になりませんか?と言う交渉程度ですと
誰にでも出来ます。

その程度であればお店側の許容範囲内ですから。

 

 

ですが、その商品の原価が5万だったとして
お店側は最低でも65000円以上で売らないといけない商品とした時に

10万の商品を5万にしてくれませんか?」と言った交渉はできますか?

 

勿論、店員さんは「は?」と言う表情をしますし
頭おかしいんじゃないの?」とも思うでしょう。

 

知り合いと買い物行った際に交渉をすると
値下げ交渉なんて貧乏くさいからやめろよ」と言われます。

 

話は少し横道にそれますが「値下げ交渉=貧乏くさい」と
感じる人ってどういう人かわかりますか

 

一概に全ての人とは言えませんが、大体が雇われの身
あまりお金を持っていない方がよく言います。

 

或いは逆にいくらでもお金がある人です。

※一代で稼がれた人はあまり言う方はいませんが、
 2代目やコネで這い上がった人は言う傾向がありますね

 

ですが、これは値下げをしたいのが本心ではなく
どこまで値下げ交渉ができるかがポイントなのです。

値段は幾らだっていいのです。

 

話を戻しますが、
最低でも65000円で売らないといけない商品ですから
希望の5万まで値下げをすることは無理でしょう。

もし、成功したらかなりのテクニシャンと思います(笑)

 

寧ろ、65000円が最低ラインですから
その場合は7万ぐらいで売りたいのが本音だと思います。
※商品などによって異なります

 

ですから、この交渉の場合は7万くらいまで
値下げすることができたら成功なわけです。

 

要は普通の人が頑張って値下げをする価格より
更に値下げをすることができれば成功と言うわけです。

 

額を落として10000円の場合は
普通の人は1000円の値下げが限界であれば
2000円の値下げ交渉ができれば成功となります。

 

 

では、何故値下げ交渉をする事に意味があるのか・・・

 

それは上記でもわかる通り交渉を上達させるためです。

他にも上達させる方法はあるかと思いますが
普段の生活の中で上達できる場を設けることに意味があります

 

人は習慣化すると無意識に行動ができます

 

無意識にできるという事は、その方にとっては普通の事ですので
ちょっとした応用位なら瞬時に対応できるのです。

 

それがビジネスの交渉の時などにとても役に立ちます

 

仕入れの時の交渉や契約金の交渉などのコスト削減だったり、
お金に関わる交渉以外でも瞬時に自分の意見を言う事ができます。

値下げ交渉は交渉しにくい行動でもありますから
それが普通にできると言う事は、言いにくい環境でも
自分の意見や本音を相手に明確に伝えることができるので、
ビジネスをしやすい環境に持っていくことができます

 

売る側の場合は、自分のように交渉してくる人がいるかもしれない
という事を事前に想定でき、更にその交渉を上回る交渉術を準備しておく事が
できます。

 

値下げ交渉ができる人は、他の交渉もある程度は瞬時に対応できるという事です。

 

交渉上手で「値下げ交渉は無理だと思う」と思う方は
実施した事がないだけでいざやってみると比較的容易にできるかと思います。

 

仕事は仕事、プライベートはプライベートでON/OFFしてしまっている方もいますので
一概に交渉上手ならプライベートでも交渉できると言うわけではない事はご理解ください。

 

例えば、テレビに出ているお笑い芸人はテレビの中では
馬鹿やって明るいイメージですが、カメラが回ってないところでは
根暗と言う方が多いようですので、それと同じ事が言えると思います。

 

・カメラが回ってる時は明るくできるが、プライベートではできないという事です。

・スーツを着てれば交渉できるけど私服の時はできないと言うイメージです。

 

そう言った事もありますので、全員が全員交渉できるかと言われれば
そうではないと言えます。

 

あくまでその交渉を仕事捉えた時は容易にできるという事です。

 

さて、
交渉する理由は分かった。
でも、何故無謀な5万で交渉するの?一万円づつ下げて行けばいいじゃん
と思う方もいらっしゃると思います。

 

要は

Aさん「10万の商品を9万に値下げできませんか?

店員さん「頑張ります。9万で販売させていただきます

Aさん「やっぱり8万円に出来ませんか?

と言う流れです。

 

逆オークション的な発想の交渉ってしにくいのですよね・・・

第三者からしたらハッキリしない優柔不断の人に見られます。

 

さっき9万で買うって言ったじゃん」と思われる上に
それじゃ販売できません」と言われてしまう可能性が高いです。

 

中には「折角対応してあげたのに・・どうせ買わないんだろ?」と思われ
さっきの9万もなかったことで」と言われる可能性もあります。

 

ですから逆に最初に原価や半額ぐらいを目安に無謀な価格で
切り出して行った方が交渉しやすいのです。

 

最初から無謀な価格を言えば、相手も商売ですから
この価格が限界ですと値段を提示しようとしますから
そこから交渉ができるわけです。

 

勿論、半額まで下げるのは無理と言うのは承知の上でです。

 

極端に半額以下の値段などを提示しては駄目です。

お店によっては追い出されることも御座います。

地域によってはどつかれます(笑)

 

半額よりちょっと上の価格で交渉スタートが良いかと思います。
※それでも追い出される場合もありますからお店や地域に合わせて
 提示価格を決める事も大切です

 

交渉するときはしっかりした服装で行きましょう。

だらしない格好であれば、ただの金無しかと思われ追い出されます

また、口調も出来るだけ丁寧にし、それプラス自信を持った交渉をしましょう。

 

例えばいくら良い格好をして交渉に行っても
あの・・・・〇〇円にしてもらえないですかね・・・」みたいな
自信のない交渉をすると「勘弁してくださいよっ!」と強い言葉ではねられます。

 

店員さんの目をそらさず自信を持っていきましょう。

 

ある程度交渉してみて駄目そうだと思ったら必死にならず
そうですか、わかりました」と言って諦める事も大切です。

 

諦めてそこで終わりではなく、その時は交渉が失敗したわけですから
なぜ失敗したのか更に交渉に関して追求し、次に生かしていくことが
大切です。

 

まずは高額商品ではなく、比較的安い商品から交渉の練習として
やってみては如何でしょうか?

個人的に都内は成立しやすいですね・・・

 

値下げはみっともないどう思われるか心配と考えるのであれば
ビジネス自体諦めた方が良いかと思います。

 

どう思われようがビジネスは結果が全てです。

人に良くみられるだけではお金を生むことはできません

よく見られるだけでお金を生むことができている人は
既に稼げる環境が揃っているからです。

 

どう思われようがと言わせていただきましたが
真っ当な商売をやっている前提での事という事はご理解くださいませ。

 

あくどい商売な上にどう思われようがと言うのは駄目です。

詐欺師と何ら変わりはありませんから・・・

 

あくまで真っ当な商売をするにあたって交渉するために
普通の方からどう思われたって関係がないという事です。

 

結果がすべてと言う言葉に対しても賛否両論はあるでしょう。

ですが、稼ぐことがビジネスなわけです。

稼ぐことができて安定的な会社を作ってから良くみられたいなら
そちらの方向へ行動をすればいいのです。

 

まずは、稼げるようになって生活が出来るのを目標として
頑張ってみれば良いと思います。

 

言い方が悪いですが、企業をするという人
普通の方からすれば変人です。

 

普通の人と考えがずれているからこそお金を生むことができます

 

表向きは「あの人は〇〇の社長で稼いでるみたいよ」と聞けば
凄いなー」と思うだけでしょうけど、中身を見たら「そんなことするの?
という事ばかりです。

 

物販をしている方ならわかって頂けるでしょうけど
同じ商品を10個仕入れました」って聞くとそうなんだーとか少なくない
って感じますよね?

 

ですが、物販をしてない人からするとえ?10個も買うの?」って感覚になります。

 

物販は比較的、一般の方でも知っている人が多いのでそんなに驚く事はないかと思いますが、感覚的にはそんなイメージです。

 

ビジネスをやっている人の行動は普通の人からすると普通ではないわけですから
変人と思われても仕方がないのです。

 

もっと簡単に言えば、真っ当な商売をしている方に
30万投資の案件があるんだけどどう?と言われた時
有益であれば安い案件ですよね?

 

ですが普通の方からすると「30万?大丈夫なのそれ、怪しくない?」と
考える方が殆どです。

 

ですから稼げないわけです。

 

もっと言ってしまえば、誰でも買えるような数千円程度の案件
無料の案件のようにクソみたいな情報を買っても稼ぐことは難しいです。

やり方次第で稼げなくはないですがね・・・

 

何度も言うように普通の人ではできない事を出来るのが商売人ですから
普通の人にどう思われようが関係のない事なのです。

 

寧ろ、普通の人と一緒では駄目なのです。

 

勿論、自分より稼いでる人や教えてくれている先生となる人などに
それは違うよ」と言われたことはやめるべきです。

※本当に稼いでいる人のアドバイスであればです

 

ですが、普通の人にそれはやめた方が良いよと言われて辞めるのは
商売人失格です。

 

やった事もない人辞めたほうが良いと言われて考えているようでは
絶対に前には進めません

 

何処かにお勤めになられるか、保険として何処かに勤めながら副業として
やるかのどちらかにした方が良いと思います。

 

何処かに勤めながらと書きましたが、開業資金などを集めるために
両立させていると言う場合以外で保険のように考えているのであれば 
独立は向いてないとも考えます。

勿論、その先の考え方の変化により独立に向く方もいますので
一概に全員が向かないと言うわけではないのですが
1年や2年経過してもあまり変わっていないのであれば副業どまりが
幸せかと思います。

 

話を戻しますが

交渉上達のためにプライベートまで仕事を持っていくのは嫌だなと
思われる方もいらっしゃると思いますが、それは稼げるようになったら
別ければ良いのです。

 

社長である以上はまずは利益を出して会社を安定させることが大切です。

社長の義務は会社や社員を守る事です。

そして、それを実現するにはマーケをどんどんやって行くことが大切です。

その為の交渉術です。

交渉術は実店舗のみならず、 ネットビジネス でも役に立ちます♪

 

是非、交渉を上手くできるようになり安定的に利鞘を生み
誇れる会社を目指してください。

 

その結果があなたの将来の幸せにつながります。

 

ここまで読んでくださり有難うございました。

 

御社の益々のご活躍を陰ながら祈っております。

 

安くて良い物とはなんぞや・・・

どうもRT-JPNです♪

 

さて今回はよく耳にする言葉に関して書いていきたいと思います。

 

それはないかと言いますと
安くて良いものを売りたい/買いたい」です。

 

消費者からしてみれば、安くて良い物を買いたいという気持ちは
ありますよね。

 

消耗品など定期的に買わなくてはいけない物もありますので
安いに越した事はないですよね><。

経営者からしてみれば安くて良い物をお客様が求めているから
安くて良い物を売らなくちゃと考えます。

 

しかし

必死に安くて良い物を探しているが見つからない

良い物は見つかるけど仕入れ値が高いし安く販売できない。

 

これを繰り返している方も多くいらっしゃいます。

 

安くて良い物をリサーチしてあなたは見つけることはできましたか

 

 

 

さて、ここで質問なのですが

 

 

安くて良い物ってなんですか?

 

 

 

安くて良い物・・・

 

この言葉は様々な業者様がホームページなどでも使うワードの一つです。

 

例えば・・・・

安くて良いもの 家電」等で検索してみてください。

 

中小に限らず大手まで使っているワードだという事が
直ぐにわかると思います。

 

実際にそのワードを記載しているホームページに行っても
どれが安くて良いもの
と言った感じでその商品が見当たらない企業様もあります

 

あくまで「安くて良いもの」とは客寄せの言葉でしかないのです。

 

 

実際、安くて良い物なんて存在しません

 

実際は

・安かろう悪かろう

・安くてそれなり

・高くてそれなり

・高くて良いもの

此れしかありません。

 

さて、なぜ安くて良いものと言う言葉が出てきたのでしょうか。

 

これは私の憶測ではありますが
値段の割には普段使っていて問題がない物」=良い物
と言っているような気がします。

 

一昔前は、安い物=中国製

中国製=壊れやすい、作りが雑
と言った感じでしたが今はどうでしょう?

いくら中国製でもすぐ壊れてしまう商品は少ないのです。

 

衣類などは生地が薄かったり、糸のほつれ等気になる面はありますが
同じ中国でも生地が厚いものや綺麗な縫い方をしてくれる工場もあります。

 

今現在の日本にある商品は殆どが中国製です。
それでも皆さん普通に使用しています。

 

さて、冒頭に安かろう悪かろうと書きましたが
最近ではそれすらも少なくなってきているという事です。

 

勿論、中国の地域によっては雑なつくりの地域も御座いますので
そこで作られた一部の商品に関しましては
今でも安かろう悪かろうはあると思います。

 

ですが、最近の商品は殆どが安くてそれなりの商品なのです。


元々は安くて悪い物だった商品が安くてそれなりの商品になったという事。
悪かった価格ぐらいでそれなりの商品が買えるようになったから
安くて良いものと思い込んでいるだけにすぎません。


言ってみれば、生産している工場が腕を上げただけで何も変わっていないのです。

 

そう思うと少し仕入れしやすくなったと思いませんか?

 

仕入れ値が安すぎると悪い物なんじゃないか?
思いがちですが、必ずしも悪いとは限らないのです。

 

勿論、業者様によっては悪い物を売っているところもありますので
仕入れ先の評価などを見て判断して頂ければ殆ど間違いないと思います。

 

ですが、日本と違って不良品率が高いのは確かです。

 

一昔前に比べたら不良品は少ないのですが、やはり日本の様な
完璧な検品はしませんので不良品が混ざる事も御座います

 

後はどうしてもパッケージ(外箱)の汚れやつぶれはある場合が御座います。

 

ですから、届いたら一度検品をして
良いものと悪い物で分けて良いものはそのまま販売
良いものがある程度売れたらアウトレット商品として少しだけ安めに
訳あり品を販売すれば良いかと思います。

 

さて、今日は何故この話をしたかと言いますと
安くて良いものが見つからなくて仕入れまで作業が進まないと言う方が
結構おられたので書かせて頂きました。

 

良い商品は見つかるんだけど高いんですよね・・・

 

みたいな感じで、値段が高いから売れないだろうと思い込んで
仕入れをしない方が多いんですよね・・・

 

そこで、会員様も含めご相談してい頂いた方などに下記の質問をしてみました。

 

Q、販売価格がいくらぐらいの物を仕入れようとしていますか?

 

此方の質問を約50人ぐらいの方に聞いてみました。

 

細かく%などは此方では書きませんが、大体の方が
~5000円で販売して利鞘が取れる物を探している

と、答えました。

 

それはなぜかと聞けば、これも大体の方が
5000円以上になると売りにくいから、売れなそうだから

と、答えました。

 

しかしながら皆さん勘違いしています

実際、消耗品などは話が別ですが
5000円以下って一番売りにくい価格帯なんですよね・・・

 

利鞘が取れなくていいなら破格にすればそりゃ誰だって買うでしょう。
しかし、それですともちろんビジネスとしては成り立ちません

 

利鞘は十分にとって且つお客さんには安くご提供できればいいわけです。

それができたら苦労しないよ・・・と思いますよね。

 

と、その前に
何故、5000円以下は売りにくいかについて話させていただきますと
単純にライバルが多いからです。

 

安く仕入れられるものは、新参者や資金がない方など
好んで仕入れる価格帯ですからどうしても競争率が激しく
価格競争になりやすいので売りにくい上に利鞘が取れない
※利鞘がとれたとしても一時的な事が多い

 

運が悪ければ利鞘どころか赤字又は在庫として残ってしまう可能性が
高いというデメリットもあります。

 

安い物と言うのは、高く感じさせなければ安く感じます。

 

例えばスマートフォン

物によっては10万近い物やそれ以上の物だってありますよね?

 

しかしどうでしょう。

例に出すとiPhone7。
高校生でiPhone7を持っている方だっています。

バイトして買った方もいれば、親から出してもらったという方もいて
購入方法は個々により様々ですが、売れるわけです。

高く感じさせない売り方をすれば、10万くらい売れるのです。

 

私が主に物販をしていた時代は
5~10万の物をよく取り扱っていました

 

ほぼ、在庫になる事はありませんでした。

そのくらい売りやすかったわけです。

 

もちろん、売り方やテクニックなどはありますが
比較的簡単に売る事ができます

 

 

利鞘は十分にとって且つお客さんには安くご提供できればいいわけです

 

上記に書かせて頂いていましたが、別に低価=安い
言うわけではありません。

 

一眼レフのカメラで
定価が20万の物が12万で売ってたらどう思いますか

 

安いですよね

 

更に言えば同じ20万のカメラが19万で売っていますが
こちらはレンズが2本セット・・と言ったらこれまた安いですよね

 

要は、売る商品が安く感じれば買い手はいるのです。

 

低価=安い物で探すからいくら探しても見つからないのです

 

考え方を少し変えて行動してみると良いかもしれません。

 

基本的に10万以下は簡単に売れます

 

10万以上になると私の経験上でありますが
15万から28万くらいの間は売りにくいです。

ですが、30万になるとまた売りやすいです。


それは私も理由までは解りませんが、
30万の物を295000円とかで販売すると
高確率で買い手様がつきます

何かのデータを元にしているわけではないので
これに関してはこうだからと言えることではないのですが
あくまで経験上ではそうでした。

 

 

話を戻します

 

安くてそれなりの物は大量仕入れ、大量広告、大量販売
しないと利鞘が取れないです。

この手法が得意なのは大手です。

 

それと同じように中小企業がやろうとしたって
敵うわけがないですし、その前に廃業に近づきます

 

中小企業であれば大手がやらないような事をするべきなのです。

 

大手が安くてそれなりの大量販売ならば
中小企業は高くて良いものを売れば良いのです。

 

大手は絶対に高くて良いものを売る事はありません

めんどくさい事を嫌うからです。

 

要はデパートなどでお寿司売ってますよね?
その売り場で江戸前寿司の様な高級寿司を販売してますか

してないですよね
安くてそれなりのネタで作ったお寿司だけです。

 

良い素材を使った高級な寿司を握るのは個人でやっている
お寿司屋さんなどです。
※一部法人が運営しているところもあります

 

大手は大量に販売して利鞘を取るのが得意なのです。
大手は同じ商品が1000個だろうが直ぐに捌けます。

 

それは個人では無理ですよね

だったら一個で利鞘が高い物を少量売った方が
いいですよね。

少量であれば、集客や広告次第で売る事ができます。

 

少量でも売るのが難しいのであれば、それ以前に改善する箇所があるという事です。

 

今回は中々仕入れができないと言う方が多かったので
こういった内容を書かせていただきましたが、
仕入れができない以上利鞘がとれるわけがないので
考え方を少し変えて仕入れができるようにしていきましょう

 

仕入れのコツや販売するにあたってご不明点や
質問があればお気軽にお問い合わせください。

教えられる範囲ではありますが、アドバイスさせていただきます。

 

それではいつもより短いですが、今日はこの辺で失礼いたします。

 

ここまで読んでくださり有難うございましたm(_ _)m

何かを依頼する時は自分のセンスを信じるな。

どうもRT-JPNです♪

 

暖かくもなってきて徐々に服装も変わってくる季節ですね(*‘∀‘)

クローゼットも徐々に入れ替えなくちゃいけませんね^^

 

さて、いきなりですが
あなたは服を買う時はどうやって選んでいますか?

 

普段、ビジネスの事ばかり話しているお前が
いきなりファッションの話してどうしたよ?
って話ですよね(笑)

 

しかし、勿論ビジネスのお話です。

 

私が聞きたいのは、大切な取引先の相手や大切な場面の際に着ていく服装
どのように選んでいますか?という事です。

 

これはまだ起業して間もない方や上手くいっていない(軌道に乗らない)
社長がやってしまいがちな行動についてのお話です。

 

想像してみてください。

あなたなりに決めた服装で立っている横に成功者の社長さんが立った場合
第三者からその二人を見てどちらが成功されている社長だと思いますか?
と質問されたとします。

 

 

下の図のようなイメージです。

f:id:rt-jpn:20170408055305j:plain

あなたは第三者の方に
私の方が成功しているように魅せることができる
と思う自信はありますか

 

ファッションセンスがあるから絶対に勝てると思う方もおられると思います。

 

その方はファンションにも詳しくオシャレに自信があるのでしょう。

 

しかし、第三者が成功しているのはどちらかと聞かれたら
第三者は本当に成功している方を選ぶと思います。

 

一概に絶対だとは言い切る事はできませんが、
高確率で成功者は見た目で分かります

 

それは
お金持ってるから良いブランドも持ってるだろうし着てるからでしょ?
と言われるかもしれません。

 

確かにそうです

 

とても中小企業の社長が買えないような物を持っていたりもします。

 

それも勿論あるのですが、ファッション性でも負けていると思います。

 

 

それは何故か・・・

これも全ての成功者がそうかと言えば全てではないと思いますが
大体が「プロにコーディネートしてもらっている」からです。

 

大体は
コーディネートをしてもらった事があるとおっしゃいます。

 

今は自分で選んでいると言う方もおられますが、
最初は選んでもらっていたと言う方の方が多いのです。

 

 

ここでタイトルを確認しましょう。

何かを依頼する時は自分のセンスを信じるな。

 

ファッションが好きな方は一度は経験がありませんか

 

有名ショップ等に行って服を選んでいたら、コーディネートしてくれる方が来て
お客様はこう言った方が似合うと思いますよ」と話しかけられ
自分に合わないと判断し「いや、いいです」と断った事ありませんか

 

お客様も少なく明らかに売れてない店の店員さんが高い服を選ばせようと
必死に進めてきてるのはですよ(笑)

それは正直断るべきですが、私が言いたいのは
プロのコーディネートをしてくれる方に進められた時のお話です。

 

プロ目線から見てこの人はこれが合うと思って言ってきたのに
私には合わないからとか私のセンスじゃないからと言って断る方・・・


結構いらっしゃいますよね

 

 要は慣れた自分の姿じゃない物に違和感や拒否感があるからです。

 

そう言った考えの代表は上手くいっていない傾向があります。 

 

プロの方はその方に合うと言うのは最低条件で選んでくれます。

その他に予算やどの場面で着るか、雰囲気やイメージを聞いて
それに合わせたコーディネートをしてくださいます。

 

プロでもただ予算を伝えて自分に合った物をと言っただけでは
その人にただ合っているだけの服装しか選んでくれません。

 

事前に細かく伝えたり、何度か通って自分をしてもらう事で
更に良いコーディネートをして頂けます。

 

成功したいのならば身なりはしっかりした方が良いと言うのは
誰でもわかると思います。

 

何故、身なりまで考えなくてはいけないかと言う方の為に
書かせていただきますと・・・

 

例えば現場の社長だとして普段着ている作業着で
銀行へ融資に行ったとします。

 

その場合、高確率で落ちます

 

逆に無理してでも普段は作業着なのに良いスーツを着てたら
融資してくれやすくなります

 

銀行もお金を貸して、返してもらわないとならないわけですから
格好や話し方、事業計画書を見て判断します。

この人は返す気があるか?しっかり契約や考えをもっているか?など

 

基本的に初めて会う人は9割外観で判断します。

 

営業をする際も作業着で営業に行っても殆どお客様はつきません
しかし、社長自ら良いスーツで営業に来たら良いイメージを持ってもらえます。

 

と、言いましても
見たらすぐにわかりそうなスーツ量販店のスーツでは
あまり良いイメージは持ってもらえません

 

弊社に営業や依頼に来てくださった方でもおられますが
新社会人や、お勤めの営業マンであれば仕方がないかなと思いますが
〇〇の代表〇〇です」と営業に来た社長が量販店などで買ったスーツを
着てきたらお話を聞くだけで高確率で終わります

 

稀にそのようなスーツを着ていても頑張っている方もおられますので
お話はしっかり聞きますが、大体が安っぽいスーツを着た代表の話す事
スーツと同じで安っぽい、薄っぺらい程度のビジネス話しかしません

言い方悪いかもしれませんが、事実です。

 

代表であるならば予算を決めてプロに
代表らしいスーツをコーディネートしてくれ」と頼んでみてください。

そこで、これはお似合いですよと言われたら
自分には合わなそうと思っても黙って買ってください

 

イメージじゃない物や来た事ない色などは抵抗はあるかもしれませんが
今までの色やデザインが貴方であり、その結果が今の貴方なわけですから
自分を変えるためにもチャレンジしてみてください。

 

私は、上記の方で断る方は上手くいっていない代表が多いと書きました。

 

それをファッションではなく、ビジネスに例えると

私は普段仲介やマッチング、コンサルタントをしているわけですが
中小企業様のコンサルタントのご依頼を受けて私が案を出した際に
こうやってみては如何ですか?」と提案した事に対して
いや、今までこう言うスタイルでやっているからこの方が良い」と
言う方に当てはまります。

 

基本的に断る方は儲かってないですよ。

 

コンサルタントにご相談している時点で、基本的には
成功はしているが、もっと業を広げたい」と思って依頼してくる方と
経営に悩んでいる」と依頼してくる方の2パターンが主になります。

※特殊な依頼も御座いますが、其方は省かせていただきます。

 

プライドがあるせいか儲かっていないと言わない代表もおられます
服装やしゃべり方、どういう方向へ進みたいかが明確化されていないなどの場合は
ほぼ儲かっていない企業さんだと即時に判断できます

 

基本的には私も服装で9割は判断します。
そして、少し話して確信へと持っていきます。

 


オフィスのドアを開けようとした時点で姿が見えますので(ドアがガラスの為)
格好を見て、ドアを開けて一言目の言葉で判断し、お客様を誘導する前に
中小企業用の経営サポートのファイルを持っていくか
業務拡大に関するファイルを持っていくか決めて手に取り、
お客様を席へと誘導しお話を聞きます。

 

稀に間違える事はありますが、90%以上は間違えたファイルを手に取っていません

 

要はそのくらい外観に出るという事ですね。

 

 

話を戻します

 

中小企業様のコンサルタントのご依頼を受けて私が案を出した際に
こうやってみては如何ですか?」と私が提案した事に対して
いや、今までこう言うスタイルでやっているからこの方が良い

 と書かせていただきましたが

実際、経営が厳しいからご相談してきたわけですから
今までのやり方が悪かったわけです。

 

今までこう言うスタイルでやっているから・・・
それがダメなわけです。

 

そのスタイルで合っれば儲かっているわけでコンサルも受けに来なかったわけですから
何故、間違えた道を維持しようとしているかが私には理解できません

 

確かに、慣れた行動ではない事をするに関してご不安があるのは分かります。

ですが、現状維持又は悪化するくらいであれば
試してみるべき事だと考えるのが経営者としては普通なのです。

 

今までのスタイルはあなたの今ですよ。
それを変える為にコンサルに来ているのですから変えなくてどうする

これが私の考えです。

 

基本的にご相談は無料で行っていますので
少し話させて頂いて、下記の事に当てはまったらお断りしています。

・行動をしようとしない
・行動は変えたくない、だけど儲かりたい
・真剣な話をしている時に机に肘をつける
・よそ見をする
・やたら自分の髪の毛や顔を触る

 

こう言った方は考えや行動が変わらない限り儲からないと
結果が出ていますからお断りしています

 

 

何より、甘い考えの代表を相手にするのが
めんどくさい

 

考えを変えようとして必死に相談や行動をしている方は別です。

 

 

ただ、コンサルに頼めば儲かるだろとか
お金払ってコンサル頼んでるんだから何とかしてよと言った
甘い考えの代表がめんどくさいのです。

 

そんな代表からお金を頂いたって先がないのは見えていますから
目先のお金でしかないそのお金をさっさと引っ込めてお帰りください
としか言えません。
※実際に口には出しません

 

しっかりと行動したり、一生懸命である人は必ず成功しますから
その後も信用をしてくださりまた依頼をして頂けます。

ですから、その場一回限りでなく2回目以降も依頼してくれる
又は、長い付き合いをしてくださるのです。

その方がお互いにWin-Winな関係になれますし、お互いに安定するのです。

 

儲かっていない甘い考えの代表は
コンサル代欲しいんでしょ?払ってやるから何とかしろ
みたいな
考えの人が多いです。

 

ですが、言い方は悪いんですが
コンサル代を一回もらっただけでは割には合いません

 

中小企業を軌道に乗せると言うのは本当に大変な作業です。

 

有名なブランドを持っているわけでもないですし、
有名な会社でもない、更に言ってしまえばその会社の社長と言っても
成功していないのであれば第三者からみたらそこら辺にいる人でしかない

 

その状態で世間に知って頂くと言うのは本当に難しい作業です。

 

今まで来た勘違いしている企業様の代表に言いたいとすれば、
大金を払ってやっているんだからと言う感覚なのでしょうけど、
小額投資でなんでそんなに強気なの?と聞きたくなります。

 

企業の投資ですよ

 

私は一回のお支払いで長期個別コンサルをしていますが、
他所様と比べてかなりの破格でお手伝いさせて頂いております。

私は中小企業様を主にご対応させて頂いている事もあり
初期投資はなるべくお安くして頂いて、仕入れなどに使って頂けるように
お安く値段設定しております。

勿論、安くしたからと言ってサービスを悪くしたりなども一切しておりません

それに対して大金払ってやるんだからと言うような態度をされているのであれば
高いコンサル(普通料金)の方へ行ってくださいとしか言えません。

 

そんな方がクライアントになっても、私には得がありません

 

上記の事から何処へ行っても結果が同じな上に先のお付き合いがない事から
メリットがないので私以外の業者様をご紹介させて頂いてます

 

極端な話が、昨日開業しましたと言うようなコンサルタントでも
私と同じ結果になりますし、開業したてのコンサルタント
とりあえずクライアントが欲しいと業者もおられますので其方に回します

 

結果は悪い方になるのは分かっていますから、その企業様ではなく
同業者様のコンサルタントの方のバックアップ(対処法)を致します

 

甘い考えの企業様をバックアップしたところで更に甘えるだけですから
時間の無駄にしかなりませんし、でしたらこれからコンサルタント
食べて行こうと考えている方をバックアップしたいと言う考えです。

 

本当に行動する気もない人の案件とか作るの時間の無駄なんですよね・・・
その分、一生懸命な方に時間を使いたいのです。

 

少々、愚痴や仕事放棄のように感じるかもしれませんが
私やコンサルタントに限らず、他のビジネスでも同じような事をしています

 

良いクライアントでなければ、良いお取引はできないので
とりあえず一回限りでも資金が欲しいと言う同業者様がいれば
仕事を譲ると言う事はよくある事です。

 

譲る側はメリットがない仕事をしなくて済みますし、
とりあえず、わけありではあるが資金調達ができると言う受け側にも
メリットがありますのでお互いにWin-Winなわけです。

 

どのビジネスも効率よく仕事を回すは大切な事です。

 

 

話を戻しますが

今の環境などを変えたいのであればその人自身が変わる必要があります

 

何度も言うように、今までのスタイルの結果が今の貴方ですから
プロの意見は断らずに「実際に行動してみよう」という事です。

続けるかどうかは別としても変わりたいのならば一度はやるべきです。

 

一応言っておきますが決して上から目線で言っているわけではないです。

私が行った事が絶対だ言うわけではないですから。

ただ、行動を変えなくては今の貴方からは変われないという事です。

 

この記事に対して批判的な方もいらっしゃると思います

そのような批判的な考えになった方は、自分の力で食べて行くのも
苦労するぐらいの所でもがいている方だと思います。

 

それはなぜか・・・

私はここまで、成功まではいかなくても食べていけている人からすると
当たり前の行動しか書いていないのですから、
もがいてない人からしたら批判する箇所がないのです。

※一部の同業者のいたずらによるものなどは除く 

 

批判的な方は言いなりになるのが嫌とか指示されるのが嫌と言う方も
多いのですが、別に指示しているわけでもないのです。

 

あくまで提案しているだけです。

言う事を聞くのが嫌と考えるのがおかしいのです。

私どもは「こうしなさい」と言っているわけではないです。
こういうやり方もありますが、如何でしょうか?」と言ってるのです。

 

やるやらないはあなた次第なのです。

強要はしていないのですから、指示ではないのです。

 

今回はファッションやコンサル関係の話になってしまいましたが
これに限らず、何かを変えたいのであれば自分自身の考えは無しにして
プロの意見を聞けるようにしてみては如何でしょうか

意見を聞けるような状態でないとどのコンサルに行こうが
何も変わりませんし、あなた自身も変わる事はできません。

 

現状維持か落ちるかだけです。

上がる事はありません

 

あなたの考えの結果が今なわけですからそれ以上はないという事です。

 

 

行動を変えたくないのであればそれでいいと思います。

 

あなたが記事に対して批判的だったとしてもそれはそれで良いのです

それが貴方なわけですから。

 

提案に対しても実行しなくても別に構わないのです
貴方や貴方の周りの身内以外困らないわけですから。

 

要は誰もあなたを強要していないわけですから
行動するかしないか、考えを変えるか買えないかなどは
全てあなた次第です。

 

 

ですから、自ら変えなきゃと思い不安になりながらも
一生懸命行動している人は素晴らしいと思います。

不安からも逃げず、自分の甘えに負けずに行動をしているのですから。

 

ですから、一生懸命変えたいと思っていると考えている方には
私も全力で応援しますし、出来る限りはご協力したいと思っております。

 

私は偽善をしているわけでは御座いませんので
本気でやっているからこそ、やる気がないのであれば相手にしない、
やる気がなければ他に行かせると言うそれだけの話なのです。

 

やる気がない会社が倒産したって関係者以外は
私も含めて誰も困らないわけですから・・・

 

倒産して困るのであれば、代表である以上しっかり考えて
行動をした方が良いという事です。

 

中傷的/反抗的な内容を書いているようにも見えるかと思いますが
実際にそう言った文章を書くようにしているのも事実です。

 

少しでも感情的になるような内容でないと重要性を理解してもらえないからです。

 

この記事を読んでいただき、最後までイライラしか残らなかったと言うのであれば
それまでだったと言う事です。

 

ただ、これをきっかけに考えを改めてくれる方が
一人でもいれば良いなと思っております。

 

私の場合は、私を信用してくれるのが最低条件にはなりますが
一生懸命行動しようとしている方にこれからも全力を尽くし
良い情報をお届けできたらと考えております。

 

話が紆余曲折してしまいましたが、もし何かに悩まれていましたら
まずはプロの意見を聞く態勢を整えてみては如何でしょうか

 

ここではビジネスに関する話ではありますが、仕事に限らず
何かを変えたいと思った時は意見を聞いて実際に行動する事が大切です

もちろん、友達などではなく変えたい事に関してのその道のプロの意見です。

 

是非、少しでも参考になればと思います。

 

ここまで読んでくださり誠にありがとうございました。

どの仕事も受け入れてたら廃業する可能性? お客様は選ぼう!

どうもRT-JPNです♪

 

今日は中小企業でやってしまいがちな事を
書いていきたいと思います。

 

特に、開業したての人がやりがちな行動です。

 

それは

仕事が入ったらすべての仕事を受け入れる事です。

 

え?折角仕事が入ったんだからやる他ないでしょ?

と、思いがちですが
それがトラブルの原因になる事もあります。

 

一昔前は「お客様は神様」とよく言ったものです。

お客様が業者を選んで仕事をしてもらう(或いは商品を買う)
と、考えるのが普通だと思います。

 

ですが、実は今も昔もお互いに相手は選ぶ事が大切です。

 

お客様と業者は平等なのです。

 

お客様も業者は選びますし、業者もお客様を選ばなくてはなりません

 

飲食店や実店舗の小売りなどは、お客様が入店するわけですから
どうしてもお客様を選ぶと言う事は難しいと思います。


ですが、しっかりとお客様を選ばないとトラブルの原因に直結します。

 

それが原因となり廃業する業者も数多くあります

 

 

 

と、言うわけで今回のテーマはこちら。

f:id:rt-jpn:20170405033121j:plain

はい、こちらです。

 

 

 

さて、この話をすると
開業したてはどうしても資金繰りは悪く一つでも仕事が欲しいと考えがちです。

 

勿論、お客様が一人もつかなければそれが原因で廃業の可能性も御座います。

 

ですが、お客様が原因で廃業された業者様が多いのも事実です。
※消費者が悪いと言っているわけでは御座いません

 

 

ネットで物販をやっていると想定して書かせていただきます。

 

まず、一つ考えてみてください

 

あなたはネットショップで5000円の商品を販売しています。

しかし、何日たっても一個も売れなかったとします。

 

そこでたまたま来たお客様に2500円にしてくれたら買うと言われました。

 

あなたはどうしますか?

 

1.このまま売れないと経営が危ないから売る

2..2500円~5000円の間をとった価格ならと交渉して売る

3.売らない

 

さて、あなたはどの選択をしますか

 

 

 

本来、選択すべきは「3」です。

 

ですが、大体の方が1か2を実行します

 

 

それはなぜか・・・・

 

 

目先のお金に気を取られているからです。

 

手元に少しでもお金が欲しいとなった場合は赤字にならない限り
安くてもいいから売りたいと言う考えになりがちです。

 

仮にその方がいつも買ってくださっているリピーター様だったら
たまには安くしても良いでしょう。

 

しかし、新規のお客様にいきなり安くしてと言われ
分かりましたと言うのは絶対にダメです。

 

そもそも、新規のお客様に何故安くするかわかりません。

その販売者は親切精神とでも思っているのでしょうか?

 

良い業者と思ってくれるだろうと思い込んでいるのかわかりませんが、
お客様に良いように行動させられただけにすぎません。

そのお客様が良いリピーターになる可能性は低いです。

 

調子に乗ってあれもこれも安くしてと言ってくる
迷惑なリピーターになるかそれっきりかのどちらかです。

 

 

勿論安くしている分、利益も減ります

 

その上、そのお客様が周りに
あそこのお店は安くしてと言えば言う事聞くよ
と言われる可能性もあります。

 

そうとも知らずに、そのお客様の知人がこの商品を安くしてと言ってきた時に
うちは値下げとかは行ってません」などと言った場合はどうなるでしょうか?

 

なんで、他のお客には値下げして私には値下げしないのよ」と
言われる可能性が非常に高いです。

 

その場で言われなかったとしても、その方がSNSなどで拡散してたら
あっという間に噂は広がります。

 

開業したての業者であれば、
ブランド力もないですし知名度もありません

 

良いリピーター様(言い方を悪くすれば信者)がいない限り
フォローしてくれる方がいないわけですから噂が広がってしまったら
良いイメージに戻すのは至難の業です。

 

噂に勝るようなリピーター様の数がいれば良いのですが、
いないのであれば本当に難しいです。

 

リピーター様がいたとしても10人や20人位しかいなければ
ネットビジネスの場合はいないに等しいです。

 

又、そう言ったトラブルでなくても
いきなり値下げしろと言ってきた人は心がない人が多いです。

要はクレーマーが多いという事です。

 

何事もなくありがとうと言ってくださる方もいらっしゃいますが
ネット物販をやられている方でトラブルになったケースを聞いてみると
値下げを要求してきた人にクレームをつけられたと言うのはよく聞きます

 

中には普通の価格で買ったが、商品を受け取った後に
いちゃもんをつけられて値下げを要求してくると言う人もおられます。


しっかり対応したのに悪い評価をつけられたりなども・・・

 

ですから、少しでもこの人合わないなと思ったら
その仕事は受けない方が安全だという事です。

 

どうしても日本人はお客様は神様だと言うような教育をされて
育っているようなものなので、そう考えがちになるのはわかりますが
実際は今も昔もお客様と業者は平等だという事です。

 

 

でも、一個でも売れないと資金繰りが厳しいんだよ・・・

と、言う方もいらっしゃいます。

 

 

ですが、どうでしょう?

その「たった一個」を売ったら資金繰りは良くなりますか

 

商品が車などのように高額の物でしたら確かに1台だけでも
それなりの額が入るでしょう・・・

しかし、物販で売るような平均1万円以下の商品だったらどうでしょう?

その商品が1万だったとして、その一万だけで資金繰りが良くなりますか

 

正直、変わらないと思います

 

その一万の為にトラブルの原因になるかもしれないお客様に賭けるのであれば
他の販売方法を考える事に専念した方が良いと思います。

 

言い替えれば、
一万の商品がきっかけでお店をたたむ事になりかねないのですから
経営者としては避けなくてはいけない場面だと思います。

 

個人事業主は開業しても90%以上が廃業すると言われています。

 

その理由は大きく分けて下記が原因と言われています。

 

・集客ができない

・薄利多売で利益が出せない

・お客様とのトラブルで悪いイメージになった

 

売れないと言っている方は自分ではやっているつもりでも
実際にはしっかりとした集客をしていない方が多いです。

 

 

例えばですが、集客の勉強をするために集客の教材を読んだとします。

その教材で勉強しているわけですから行動していますよね?

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

 

いやいや、してないですよね

 

勉強なんていくらしたところで、
実施していなければ行動していないと同じなんです。

 

 

日本人は特に勉強しなさいと言われながら育ちます。

 

義務教育で中学までは学校へ行くわけですから、
最低でも9年間は教科書を見て勉強をする=行動と言った形で洗脳されます。

高校や大学を出た人なら9年以上その生活をするわけです。

 

その事から勉強をする=行動したと思い込む人が多いです。

 

ですが、ビジネスは全く別物なのです。

いくら勉強しても行動しなければ何もしていないのと同じです。

 

 

・教材を読んで必死に勉強をする

・何もせず寝っ転がってテレビを見ている

 

この2つは結果を出していない以上は何もしていないのと同じです。

 

 

行動してないわけですから、結果が出ないのは当たり前です。

勿論、教材を読むのが悪いと言うわけではないです。

 

教材などで知識をつけていた方が後々役に立つ事だってあります。

 

 

ですが、

開業したての人がやるべき行動ではないという事です。

 

 

まずは集客!これが一番やるべき行動です。

 

しっかりと集客をして自分に合ったお客様を掴めていれば
わざわざトラブルになりそうなお客様に無理やる売る必要はないのです。

 

値下げ交渉して来たら、皆様一律にお値下げはしていないんです。と
言い張れば良いのです。

 

断られたお客様は、
そのお店でしか手に入らない物がない限りは二度と来ないでしょう・・・

 

ですが、それで良いのです

トラブルの原因が自ら去ってくれたわけですから喜ぶべき事なのです。

 

よくネットで値下げ交渉されて対応している人も見かけますが
正直、考え方が変わらない限りその方はビジネスの世界から消えると思います。

 

考え方が変わったり、運良くクレーマーなどに当たらず
生き残っている方もおられますが、その一部を除いて
ほぼカツカツで営業しているか消えていきます

 

当たり前ですよね・・・

 

自ら値段を下げて取り分を減らしている上に
トラブルの原因を快く受け入れてしまっているんですから・・・

 

メルカリなどで営利目的ではなく少しでもお金になればいいやと言う方でしたら
話は別ですが、商売をされている方で必死に値下げしている方を見ると
この人は終わるな・・・」と思ってしまいます。

と、言うよりは高確率で良い方向にはいかないです。

 

※出品リストを見れば営利目的かどうかはすぐにわかります。

 

余談ではありますが、
Amazon等で価格競争している方おられますよね。

 

その方達は同業者様に潰される場合もある事をご存知でしょうか?

 

価格競争してしまう人は販売者としてのマインドセットが出来ていないから
その心理を利用して負担をかけさせる事ができるのです。

 

ここではその方法は書きませんが、
それは相手に負担をかけさせると同時に自分の集客効果がある方法です。

 

これはAmazonでの手法?ですが
知っている方はそれを利用して相手を潰しにかかります。

 

言い方は悪いですが、
安易に価格競争されては相場が荒れますから邪魔ですよね・・・

 

まー、どうせ生き残れないんだから此処で負担掛けさせて
更に自分の集客に結び付けるかって考えで行動してきます。

 

やられている側は気づいてもいないでしょうけど・・・

 

一応「言い方は悪いですが」と書いていますが、
実際はよくビジネスの世界ではやる事ですので「日常茶飯事」の話です。

 

マインドセットは勿論なのですが、
話を戻しますとまずは集客ができていないと生き残れないという事。

 

出来ていないからこそお客様を選ぶ余裕もなく
微銭でも良いから置いていってほしいと言う
甘えた考えが頭をよぎってしまいます。

 

集客をする時もそうですが、自分に合ったお客様だけ
集めるように集客をしないと駄目です。

 

変なお客様ばかり集めては結局は同じです。

 

 

まずは下記の事を重視して行っていった方が良いです。

 

・リサーチ

仕入れ

・出品物改善(写真や商品説明文など)

・集客

 

ここまでしっかりできて初めて販売です。

 

とりあえず仕入れて、とりあえず販売してみようは一番駄目です。

 

教材で勉強したり、誰でもいいから売らなきゃと思う前に
まずはしっかり準備して行動することが大切です。

 

折角、念願の開業をしたのですから
気持ちよく取引出来てしっかりと経営し続けて行く事を考えましょう。

 

 

今回はこの辺に致しますが、最後に一つ書かせて頂きますと 

経営は稼ぐ事が目的ではありません。

稼ぎ続けて行く事が目的です。

 

一発屋のように一回稼いだと思ったらいつの間にか消えていった
という事がないようにしっかりと行動しましょう。

 

 

ご不明点やご質問はリンクのお問い合わせフォーム又はLINEからお願い致します。
こちらからは一切セールスなどは致しませんのでご安心ください。

 

ここまで読んでくださり有難うございましたm(_ _)m

見えない投資より見える投資を・・・。

どうもRT-JPNです♪

 

日によって温かくなったり肌寒くなったり忙しい時期ですね><。

皆さまは体調は崩していませんでしょうか?

 

私はと言うと・・・
体調は大丈夫なのですが、花粉症で目がかゆい( ;∀;)w

鼻水がともらないなど、重度の花粉症の方に比べたら良い方ですが
それでも目がかゆいのは辛いです・・・

 

目玉を取って丸洗いしたいくらいです(´・ω・`)

 

 

さて、今回はタイトルにありますように
見えない投資より見える投資を・・・」をテーマに
書いていきたいと思います。

 

 

そもそも、見えない投資とは・・・?

 

簡単に言ってしまえば、教材を買うなどの投資ですね。

後ほど詳しく書いていきますが、本当に実績があるかもわからない教材を
買うより、頑張り次第で稼げることに投資をしていこうという事です。

 

 

と言うわけで、今回のテーマはこちら

f:id:rt-jpn:20170403034912j:plain

 

はい、此方になります。

 

冒頭でも少し書きましたが、見えない投資とは

・どこの誰だかわからない

・本当に実績を出しているかもわからない

などのノウハウの教材を買う事です。

 

ネットビジネスをやられている方は特にそうなのですが
勉強するために投資だと言って、ノウハウを買い続けている方が
多くみられます。

 

確かに、少しでも知識があった方が何かと役に立ちますので
良い心がけだとは思います。

 

ですが

 

それが有益な情報だったらの話です。

 

稼げるノウハウとうたって販売している教材
稼げないノウハウと言うのはもうご存知だと思います。

 

ですから、今回はそれについては深く掘り下げて書きませんが
有益なノウハウ」を買うとしても順番を間違えていませんか?

 

 

結局、稼ぎ続けるために必要なノウハウと言うのは
マインドセット、販路、販売方法などの商材です。

 

稼ぎ続けている人も色々なマインドセットの教材を買ってたりします

 

 

ですが、あなたはどうですか?

 

稼ぎ方、リスク0、誰でも、スマホだけで・・・など
ありもしない教材を一生懸命買っていませんか?

 

ハッキリ言ってしまえば、その考えが変わらない限り
今いる場所から落ちる事はあっても上には登れない
断言できます。

 

その点は私の他の記事などを読んで頂ければわかりますので
今回は省かせていただきます。

 

さて、有益な情報であれば買う事はお勧めいたしますが
まずはじめに「何故あなたはノウハウを買おうとしてますか?

 

稼げないから投資だと言ってノウハウ買っていませんか?

 

そもそも、稼げると言ったようなうたい文句の物を買っている時点で
それは投資でも何でもありません

 

稼げない物に課金し続けている消費者以外の何者でもないです。

 

そもそも、ビジネスをやられている方が何故稼ぐ方法を買い漁るのでしょうか?
※これから始めようとされている方は除く

 

以前にも書かせていただきましたが、
ビジネスと言うのは利益を出してはじめてビジネスと言います。

稼げない事はボランティアです。

 

最初はどうしても軌道に乗るまでは稼げない時期もあります。

ですから、最初は稼ぐ事を実施しなくてはならないはずです。

 

稼ぎが少しでも出て、それ以上に稼ぎたいや稼ぎ続けたいとなった時に
はじめて有益な情報に投資をするのです。

もし、自分自身の力で稼ぐところまで行けないのならば
コンサルやサポートに投資するかビジネスを辞めたほうが良いです。

 

稼げるノウハウなんて買ってるぐらいであれば、
騙され続けるのが目に見えますから、会社勤めされた方が良いです。

 

 

なんだ・・・見える投資ってコンサルの勧誘か・・・
思われた方もいるかと思います

 

確かに、コンサルやサポートを受けて
基礎知識やマインドセットを学んだ方が良いと思います。

 

ですが、それは「稼ぎ続けたい人」だけで良いと思います。

 

では、何に投資するかと言うと物販の場合仕入れ」です。

あなたは今ネットビジネスで物販をしている/しようとしている
とします。

 

実際、物販をやるのに商品がなくてどうやって利益を出しますか?

 

出来ませんよね?

 

商品を仕入れて、お客様に売ってはじめて利鞘がとれるわけですから
まずやる事は仕入れなのです。

 

数点だけ仕入れて売れないから「稼げる?ノウハウ」を買う・・・

根本的に間違っています

 

数点だけしか商品がなければ、お客様もその商品が好きな
一部のお客様しか買わないという事です。

 

ですから、売れなくて当然なのです。

 

昔ながらの伝統の味のまんじゅう一本で商売していると言うなら
話は別ですが、違いますよね

 

ネットビジネスは商品数でお客様の出入りが決まると言っても
過言ではありません

 

様々な商品で安定的に売りたいのであれば
30~50商品位はないと回すのは難しいと思います。

 

ですから、まずは商品数を増やすことに投資した方が良いという事です。

 

私が推奨しているのは、まずテスト的に最低20商品を5個づつ仕入れる事です。

 

なぜ、
5個づつかと言うと販売してみないと売れるかどうかわからないからです。

 

 

流れとしては下記のとおりです。

 

・リサーチ(30個以上売れそうな商品を探してください)

仕入れ商品の選択(30個以上の商品から20商品に絞ってください)

・5個づつテスト的に仕入れ

・販売

・売れ行きを見て回転が速い商品だけ再注文
※再注文時も10個程度にした方が良いと思います

・再注文した商品も回転率が変わらなければ大量仕入れ検討

 

こう言った形で回していくのが一番理想です。

 

勿論、30商品以上リサーチしたからはい、終わりではなく
万が一売れ行きが悪くなってしまった事の事を考えて
日々リサーチはしていた方が良いと思います。

 

回転率が速い商品があればあるほど売れ行きは上がります

回転率が悪い商品に関しては売り切ったら次から仕入れないようにします

 

回転率は悪いけど、ぽつぽつ売れる上に利鞘が多く取れる商品である場合
小ロットづつ仕入れるのも手です。

 

こうして、利鞘をとる事を最優先にしなくてはなりません。

 

ですから、無駄なノウハウに高いお金を払っているのであれば
商品を集めて、まずは稼げることに投資した方が良いという事です。

 

言い方悪いですが、どんなに良い情報だったとしても
稼げないのであればただの無駄な出費以外の何物でもないです。

 

ビジネスをやり始めたのであれば、あなたは立派な社長(代表)なわけです。

 

代表のやる事は、会社をつぶさないように利益を出す事です。
まずはそちらに専念するべきです。

 

利益が出て余裕が出てきたらノウハウも買ってみると良いでしょう。

 

利益が出せるようになったあなたは「誰でも稼げる」とかうたっている教材など
無駄な詐欺まがいのノウハウも買う事がなくなります

必要なノウハウだけに目が行くようになります

 

そうなったという事は、マインドセットが出来てきてきたという事です。

代表である以上はマインドセットを鍛えるのは最低限必要になってきます。

 

売る側の考え方を持たないと売れないわけですから、
いつまでも消費者の考えでビジネスをやろうとしていては駄目だという事です。

 

悪い例の代表として
私はコンサルもやっているわけですが、稀に入会前に
入会金は稼げたら払いたい」と言う人がいます。

 

これが商売人に向いていると思いますか?

 

ビジネスをするために電気屋さんでパソコンを買おうとして
ビジネスの為にパソコン買うから、儲かったらパソコン代払います
と、言ってるのと同じ事ですよ?

 

迷惑な客以外の何者でもないですよね?

 

実際、リスク0で事を済ませようとしている考え方なので
こう言う考えが頭をよぎる人は稼ぐことは絶対にできません

 

そもそも、そう言う方って儲かったって払いません
タダで入った情報を一生懸命やる人なんていません

 

私の場合は、そう言うお問い合わせは無視しています。

世の中、売る側と買う側しかいないわけです。
その間を取ろうとするという事は中途半端な人なわけです。

 

仲介は真ん中の立場じゃん、それと同じだろ?
と言う方も稀にいますが
売る人と買う人の二方をマッチングさせて
成約出来たらマージンを貰うわけです。

ですから、中途半端な人と一緒ではないという事です。

〇〇と同じだとか言う方も中途半端な人の特徴です。

 

スピード違反で捕まって「他にも飛ばしている奴いるじゃん」と
言っているアホと同じです・・・

 

何が言いたいかはお分かりだと思いますが
そんな人相手にするだけ無駄という事です。

 

警察の場合、相手にしないという事は出来ないですから
はいはい、そうだねー。早く免許書出してー」みたいな感じですね。

能書きは良いからさっさと切符切らせろやみたいな・・・

 

それはさておき


まずは稼ぐ事を優先しないと言う事は分かったけど
商品数はあるけど売れないんだよ・・・と言う方
一度、私にお問い合わせください。

 

少しだけではありますが無料でアドバイスいたします。

一切こちらからはセールスなどは致しませんのでその点はご安心ください。

 

勿論、私はお金を頂いて教えている立場ですので
全てをお教えできないという事はご理解ください

 

あくまでも教えられる範囲内ではありますが
アドバイスいたします。

 

無料でアドバイスと書きますと殺到することが御座いますので
下記の条件に当てはまった方のみとさせていただきます。

 

Amazon で販売している方

・有料会員(大口出品)

・パソコンをお持ちの方

・取り扱い商品数10商品以上

・新品の商品の取り扱い

 

はい、此方に当てはまった方のみとさせていただきます。

 

大変申し訳ないのですが、会員様とのやり取りに支障がでては
困りますので、先着20名様限りとさせていただきます。

是非、一生懸命ビジネスをやろうと考えている方お問い合わせください

 

 

まとめます

 

・ノウハウを買う前にまずは稼ぐことを優先

・自分で稼ぐことができないのであればコンサルなどに投資

・自分自身で出来るのであれば仕入れに投資

・ビジネスをやるならば売る側の考えを持たなくてはならない

・中途半端な考えは稼ぐことはできない

・ある程度稼げるようになってから有益なノウハウを買う

 

ざっくりまとめますとこんな感じです。

 

如何でしたでしょうか?

間違えた方向に行ってしまうと正しい道に戻す事が難しくなってきます。

 

下手気にノウハウばかり読んでいると、変な先入観が出てきてしまい
本来やらなくてはいけない事すらもやらなくなってしまいます。

 

要は変なプライドを持ってしまう場合が御座います。

 

ですから、なるべく変な先入観やプライドを持たないうちに
道を修正して、稼げる道でプライドを持って行動できるように
していきましょう。

 

 

ご不明点やご質問はリンクにありますお問い合わせフォーム又はLINEから
お気軽にご連絡ください。

こちらからは一切セールスは致しませんのでご安心ください。

 

それではお問い合わせお待ちしております。

 

中小企業は「 値段を下げないようにしよう 」

どうもRT-JPNです♪

 

今日のテーマは
中小企業(個人事業主)なら値段を下げるな
これについて話して行けたらと思います。

 

以前にも同じような記事は書かせて頂いたのですが
なんで値段を下げちゃいけないの?と言うような
お問い合わせが多かったので書かせていただきました。

 

と、言うわけで
今回のテーマはこちら♪

f:id:rt-jpn:20170328031531p:plain

 

はいこちらになります。

 

 

 

冒頭で書かせて頂いた通り安易に値段を下げてはいけない理由として
下記にもご参考にして頂けると大変嬉しいです♪

 

rt-jpn.hateblo.jp

 

 

上記の記事は定価が決まっているものを例として書かせていただきました。

今回は定価がない商品を例として書いていきたいと思います。

 

ここでは、売り上げが伸び悩んでいる方へ向けて書かせていただきます。

中傷的な文も含まれるかもしれませんがご了承ください

言い訳になってしまいますが、
稼いでいただきたいと言う気持ちがあるからこそ書かせて頂いてます。

ご理解の程宜しくお願い致します。

 

 

 

今回は定価がない商品を例として・・・

 

要はオープン価格などですね。

又は自社で製作した商品やサービスと言った形です。

 

 

さて、最初に言っておきます。

最初から安値で売ってしまう人は成功しません

高い確率でビジネスの世界から消えていく予備軍です。

 

よくありがちな事として何度も書いているのですが
言ってもわからない、又は行動しない人が本当に多いです。

 

何度も言いますが、商品の価値に見合っていて
商品価格自体も平均価格であれば値段を下げる必要はないです。

 

 

他の人と同じような記事、見飽きたから書くなよ
と、思う方もいらっしゃると思います。

 

確かに他の方もよく書かれる内容だと思います。

 

そこで質問です
同じような記事を書いている人がこんなにもいるのに
何故、あなたは行動していないのですか?

 

あなたが現在成功しているならばそれでいいでしょう。

寧ろ、成功されてる方にはお教えすること
何もありませんからこのままブラウザバックして頂いて
結構です。

 

お疲れさまでした。

 

 

 

 

はい、話を戻します

 

さて、あなたは何故値段を下げますか?

 

・売れないから
・ライバルの価格が安いから
・赤字でもいいから売って目先のお金が欲しいから
・参戦者が多くなってきたので早く売りたいから

 

さて、どれでしょうか?

あなたがもし簡単に値段を下げてしまう方なら
必ずどれかに当てはまります

 

それは何故かわかりますか?

 

また言い方が悪くなってしまい申し訳ないのですが
売れない人の考えている事が大体これだからです。

 

勿論、在庫処分だったり倉庫を空けなくちゃいけないと言うのは
業務上に支障が出てしまうから仕方ないと思います。

 

ですが、上記の場合は
処分する前の段階で利鞘は十分にとっていると思います。


※売れてないのに何も改善せずに、在庫が溜まただけ
その結果、処分しようと考えたと言う人は話がですよ?

 

そう言う方は
さっさと処分セールしたり産廃に頼んで処分して
正社員に戻りましょう

 

その方があなたにとっては幸せな未来が待っているでしょう。

 

さて、そう言う人はそれでいいのです。

私が教えたい人は「ビジネス」で生活しようと考えている方です。

あなたは何故売り上げを上げてビジネスを成功させようとしているのに
安易に値段を下げるのですか?

 

ビジネスはお小遣い稼ぎではないですよ

 

例えば二束三文で仕入れができていて、作戦があっての安値売りをしているなら
話は別ですが、自分の首を絞めるために安値にしている方が多くみられます。

 

私の他にも多くのコンサルタントやサポートの方が言っても
重要性が解っていないのか、全然直そうとしない方もいます。

 

特に下記の2タイプの人は自分が正しいと思い込んでいる方が多く
重要な事を全くやらない方が多いです。

 

 

こう言った記事だったり、教材へのクレーマーも大抵は
下記のような方が多いです。

 

有名企業の元役職

有名な大学卒

 

一応」念のために書いておきますが
一概に全ての方と言いませんという事をご理解ください
※わざわざ書いているのに言ってくる人もいるのでね・・

 

 

話を戻します。

 

どんなに有名企業の元役職だろうが、どんなに有名な大学卒だろうが
ビジネスの世界に出た以上そこら辺にいる一人にすぎないのです。

 

 

その方達がよく言う言い訳として

・人に従うのが嫌

・大手企業で何人もの人を動かしてきた人間だから間違っていない

・〇大卒で頭が良いからこのやり方が正しい・・・

 

正直、聞き飽きました

 

その大手企業の中では良い成績を残したのでしょう・・・
医大であれば医大に関した職に就けば頭が良いのでしょう・・・

 

ただ、
その道に行かなかった又は行けなかった
或いは定年で又は独立を選んだわけですよね?

 

ビジネスの世界に入ったからにはどんな優秀な人だったとしても
はじめはビジネスの世界では無知の方の一人でしかないのです。

 

そう言った方をよく見る場として、
ビジネスの世界では交流会の様な場が御座います。
中小企業の方はよくそこへ足を運んでいると言う話も聞きます。
(異業種交流会など)

 

先日、知人のお誘いで何かスピーチをしてほしいとの依頼を頂き
参加させて頂きました。

そこではパーティー会場のように自由に他の方と交流できる環境
色々な方と話をさせていただきました。

その時に勿論大学卒の方などもいらっしゃいました。

 

ですが、会話の内容・・・
〇〇大卒業した〇〇です。〇〇に関しては有名な大学で・・・
サークルは〇〇で・・・成績もよく・・・・

と、言ったような内容を話す人が殆どでした。

 

一人や二人じゃないですよ?

有名大学卒の肩書を持っている方
ほぼ全員って言っても過言じゃない
でしょう。

 

どう思いますか?

ビジネスに関する交流の場ですよ?

だから何?・・・で、あなたの業種は?稼いでるの?
としか、思いませんよね?

皆が知りたいのはそっちなのです。

 

その方は一生懸命で気づいていないと思いますが
周りの方は苦笑いですよ・・・

 

話が終わった後、苦笑いしていた方達とすれ違う度
変な奴に捕まってたねー」とか
さっきみたいな人多いから気を付けてねー
など、声を掛けられました。

 

その後、
閉会した後に別室で開催者様などと話し合う場があったのですが
最近、有名大学なんちゃらって話す人増えたよね」とか
結局、あの人って何やってる人なの?」とか
稼いでいるのか稼ぎたいのかわからない」など
と、話されていました。

別室のゴミ箱の中なんてそんな方たちの名刺ばかりですよ・・・


何もわからないし、人柄も実績もわからないわけですから
そんな心配だらけな人とビジネスなんてできないわけです。

ハッキリ言ってそう言った方の名刺は紙屑(ゴミ)です。

 

余談にはなりますが、
大体の方が受け取った名刺を入れる専用のケースを持っているそうです。 
ですが、ケースに入れるのは見込みがある又は興味がある方の名刺しか
入れないようです。

 

名刺が切れちゃったなどと名刺の交換ができなかった
名刺は交換したけど渡した名刺を名刺ケースではなく
ポケットなどに入れた場合はその時点でゴミ箱行きの可能性が高い
という事です。

 

何が言いたいかと言いますと、
過去の栄光には興味ないから今を語れという事です。
ビジネスをやられている方はそれを知りたいのです。

 

第三者の過去なんてビジネスに何の需要もない
過去を語るなら仲良くなって、酒の一つ呑むようになってから語ってくれ
という事です。

 

何度も言いますが
元役員や大学卒でも全員がそういう人ではないです。
素直でまじめに取り組む人もいます。

 

そう言った方は、大体既に実績を出されています
話し方や内容が違います。

 

話を少し聞いただけで
この人はやる気あるな」とか
この人は何でこうやって稼いで行けてるんだ」とか
明確にわかります。

 

ただ、残念なことに
この2タイプの方々には批判やクレームをする方が割合が多いという事。

 

基本的なパターンとして

教えても全くやらない・・・
やってもないのにやったと嘘をつく・・・
時間がなかった・・・

今からやろうとした・・・
その情報は知っているから他の事を教えてほしい・・・

結果、儲からなかった・・・

当たり前ですよね・・・


正直どこまで「おんぶに抱っこ」すれば覚えられるの?
自画自賛するほど頭良いんでしょ?と内心思う時もあります。

それぐらい頭良いんですアピールが凄い人が多い。

 

まー、実際には思っていても口には出しませんが
正直、この考え方が変わらない限りこの人は消えるなー。
思いますね。

 

何が言いたいかと言いますと
まずは、過去の栄光とプライドはさっさと捨てて
ビジネスに取り組みなさいという事です。

 

稼ぎたいならですよ?

そのつもりがない人には関係のない事なので
強要は一切致しません

 

 

さて、話が横道にズレてきてしまったので話を戻します。

 

値段を下げるなと言ってますが、平均価格に合わせるのは確かに重要です。
これに関しては、既に出回っているものが対象です。

※出回っている物でも平均価格で売る方法はあります

 

例えばOEMOMDと言った、いわゆる自社ブランド商品だった場合は
平均なんてないはずです。

 

極端な話が平均を作ろうとすれば作れます

OEMの場合、商品は既にあるものでパッケージなどが違うだけ
他社が別のパッケージで売っている場合も御座います。

その価格を見て平均価格を決めてしまう事も可能です。

 

ですが
自社ブランド品をわざわざ作ったのに
何故、他の商品と値段を合わせる必要があるのでしょうか

 

パッケージが違う時点で別商品なのです。

合わせる必要は当然ながらありません

 

全く同じ衣類の商品で500円位で売っている人もいれば
OEMで自社ブランドのロゴなどをつけて2980円などで
販売し続けている人もいます

 

さて、この違いは何でしょうか?


売れる人と売れない人の違いです。
ただ、それだけです。

 

一つだけヒントとして書かせていただきますが
何故、お客様は値段が高いと判断すると思いますか

 

勿論、定価が決まっていて最安値がバカみたいな価格
大勢が売っているのなら平均価格でも高いと思われるでしょう。

ただ、一工夫つけたら一気に解消される場合があるのです。

 

要は値段が高いと言うのは
商品(サービス)と価格が釣り合ってないのです。

 

商品<価格判断されたから高いと思われているのです。

だったら値段は変えず商品>価格とすることができたら

その値段でも安いと思わせることができます


ここでは明確な方法などはお教えできませんが
大体これで売れます

 

値段を下げる前に
商品説明の改善や商品自体の価値を上げることを優先して行い、
それでも駄目であれば、そこで初めて値下げを検討すれば言いのです。

 

周りが下げたから自分も下げる

これは本当に駄目です。

 

値段を下げて儲かっている人なんてまず居ません

寧ろ、価格競争についていく方は廃業される方が殆どです。

そう言う企業様は何社も見てきています。

 

安くした人の真似をするという事は
自ら廃業する方向を学びに行っているようなものです。

 

少し、考え方を変えてください。

安くした人は廃業する可能性が高くなると言いました。

 

これがどういう事かわかりますか?

要は値下げしても売れなかった、利益が出なかった
いう事です。

 

ですから
安くする=売れると言うのは
根本的に間違った発想だという事です。

 

原価割れした価格まで安くすればそりゃ売れます

業者だって買います

寧ろ、私が買い取ってあげます

 

しかし、その人は1円どころかマイナスを自ら作っているわけです。

それで儲かりたいんだって思っているのならば
諦めた方が良いです。

 

この記事に限らず、私のブログは 

言い方が悪いと思います・・・

愚痴の様な暴言を吐いていると思います・・・

中傷的な文章が含まれていると思います・・・

それは分かっているのです。

 

だからこそ」書いているのです。

 

勿論、ただ悪口を言たいわけではないのです。
けなすつもりで書いているわけでもありません

 

稼ぎたいなら基礎をしっかりしないと稼げないと伝えたいのです。

基礎もできないと稼ぐどころかビジネスで生き残れません

 

また、批判やクレームも沢山来ることでしょう
それはそれで良いのです。

 

偽善者面して嘘の記事を書くつもりもないわけですから。

批判、クレームする人とは別の環境でビジネスをしている。
私とは合わない、ただそれだけです。

 

逆に

・稼げている人は批判なんてしません。
・一生懸命稼ごうとしている人からは批判がきません。
・一生懸命学ぼうとしている人からは批判はきません。 

 真っ当な考えの方からはしっかりとしたお問い合わせを
頂いております

 

十分だと思いませんか?

 

真っ当な人だけと連絡を取ってご縁を作っていくことで
良き知人であり、良きビジネスパートナーを築けたらと考えています

そう言った方とのご縁はお互いにメリットがあります

 

稼ぐと言ってるだけでやる気がない人は
周りにいてもいなくても同じです。

 

そう言ったかからの批判のメール自体も読みはしますけど
必死だなー・・・と思いながら返信せず削除するだけです。

 

よく返信しないと逃げたのか?と言うアホもいますが
そんなの関係ないです。

かまってちゃんの相手はただの時間の無駄
ただそれだけです。

言いたいことを言えたあなたは
それでスッキリしたでしょう・・・

 

ただ、構ってあげても此方にはメリットはないのです。

 

いくら対応してあげても
良きパートナーになる事はまずないわけですから。

 

それでしたら、その分しっかり学ぼうとしている方へ
少しでも返信ができるように努めます

 

どんな些細な事でも、学ぼうとしている方であれば
小さい事でも初歩的な事でも重要な情報となります。

そう言った方に少しでも情報を届けるために
時間を使用します。

 

どういった商品を取り扱っていて、行動など正直に話して頂ければ
お答えできる限りではありますがご対応いたします。

始められて間もない人などは値段を下げると言う行動を
とってしまっていても仕方がないのです。

それはこれから直せばいいだけなのです。

 

散々、値段を下げるなと書きましたが
やってしまっていたのは仕方ないわけですから
これから少しづつ直して稼いでいきましょう

お気軽にお問い合わせください。

 

ただし、はいらないです。
値下げしていたのに値下げはしてませんなど
変なプライドはいらないです。

正直に話して頂かないとその方に合ったアドバイスができないのです。

記事では厳しいような言葉を書かせて頂いてますが、
メールでのやり取りはそんなことないのでご安心ください。

 

何故、挑発的な言葉を書くか・・・

それは、喧嘩を売るような言葉を発しない限り
この人も他の人と同じようなこと言ってる・・・
だけの印象で終わってしまうのです。

要は重要性に気づいてもらえないわけです。

 

ですから、
気分を害したのであれば申し訳ないと思いますが
単に悪口を言いたいのではないとご理解ください

 

 

さて、会員様には申し訳ないのですが
少しだけヒントを書かせていただきます。

・一発目から売り込みしてませんか?
・買う意味を伝えてますか?
・何故、あなたから買う必要がありますか?

この他にもありますが、大体上記を理解されれば
平均価格で売る事は出来ます。

 

時間がある時に考えてみては如何でしょうか?

明確にお伝えはしていないので伝わる人と伝わらない人に
別れるかと思います。

ですが、理解をされた方は新たな道や発見があると思います。

 

是非、考えてみてください。

 

 

まとめます。

・中小企業、特に開業間もない人は値下げをすぐやってしまう傾向がある

・値下げの癖がある人は廃業率が高い

・過去にこだわっている人は稼げない

OEMなどは無理に平均価格を作る必要がない

・値下げではなく「商品<価格」「商品>価格」に変えるのが重要

・売る前に最後のヒントを理解する

 

という事になります。

 

毎度ながら中傷的な言葉が含まれてしまっていてもここまで読んでくださり
ありがとうございます。

 

ここまで読まれた方は一生懸命何かを学ぼうとしていると思います。

是非、周りの考えに流されずに自分の素敵な商品を世に届けて
素敵なセラーを目指してください。

 

ご質問、お問い合わせは右側にありますリンクの
お問い合わせフォーム又はLINEからご連絡ください。

学ぼうとしている方には一生懸命ご対応させて頂きますので
お気軽にご連絡頂ければと思います。
※此方から一切セールスなどは致しませんのでご安心ください。