RT-JPN ’s diary

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RT-JPN ’s diary

ご覧いただき有難うございます。アメブロからお引越ししてきました。私は主にブローカーをやりながら初心者様を専門としたネットビジネスの講師をしております。ブログ内容としましては、ビジネス関連の事や商品のレビュー、紹介などをしていこうと思っております。お気軽にお問い合わせもお待ちしております。宜しくお願い致します。

    初心者だからってあきらめていませんか? ネットビジネスで自由なお金と時間を手に入れよう♪

Amazon 「ちょっと待った!」 商品が売れない ・・・ 少し 値段を下げよう ・・・

どうも、RT-JPNです♪

 

本日は会員様との会話であった一部を記事にしようかと思います

R=私A=会員様」として書かせて頂きます。

 

R最近、Amazonでの売れ行きは如何ですか?
Aそうですね、平均的には順調です。ただちょっと悩みがありまして・・・

Rどのような悩みですか?
A基本的に相乗り出品をしているのですが、新規出品もやろうと思って今実践
  しているんですよ・・・

R新規出品は確かにメリットはありますから挑戦していくのは良い事ですね♪
Aそう思ってやり始めたんですが・・・ただ、そこで悩んでるんですよね・・・

Rと、言いますと??
A簡単な話が、新規出品した商品だけが殆ど売れないんですよね・・・

Rなるほど・・・実際に出品ページを見せてください

 (実際に拝見)

Aこんな感じなんですよ・・・、値段的には相場位なんですけどね・・・
Rうーん、なるほどー・・・

Aとりあえず、値段を下げて様子見てみます・・・
Rえ?値段は相場位なんですよね?値段下げるんですか?

 

Aだって、売れないんですもん・・・

 

はい、と言う感じで一部ではありますがこんな会話をしていました。

 

思い返してみると新規出品に限らず、悩まれてる中でよく聞く言葉でしたね・・・

 

そんなわけで・・・

 

本日のテーマはこちら

f:id:rt-jpn:20170227025245p:plain

 

 

はい、今回はこのタイトルで行きましょう~

 

 

正直、やってしまいがちな行動の一つですよね・・・

 

確かに値段を下げれば売れる可能性も出てくるかもしれません。

 

ですが、やる事をやった上で最終判断で値段を下げていますか

 

 

例えば新規出品の場合

1、新規出品

2、数日~長くて数か月間、様子を見る

3、売れないから価格を下げる

 

さて、これは正解でしょうか?

 

やる事をやって値段を下げるているのであれば正解ですが、
何もしていないのに下げるのは間違えだと思います。

 

当たり前ではありますが、値段を下げたら利益も下がるわけですよね?

 

それはなるべくだったら避けたいですよね?
ビジネスですから利益がないと長くは続きません。

 

実際に上記のように話をしたのですが、会員様の回答はと言うと
A売れなかったら価格を下げるしかないじゃないですか・・・
と、答えました。

 

安かったら買うだろう・・・これって消費者よりの考え方ですよね・・・

折角、他の商品は売る事ができているAさんなのに勿体ない・・・

 

そんなわけで

 

RAさんって、〇〇〇見てますか?

 

Aいや、見てないです・・・そもそもそれなんですか・・?

 

はい、ちょっと遠回しに書いてしまいましたが
後ほど説明していきますのでお付き合いくださいm(_ _)m

 

 

結果から申し上げますと、これは一週間位前の会話だったのですが
記事を書く前日に会員様へ聞いてみましたところ

 

Rあの商品どうなりましたか?
Aバンバンとは言えませんが、売れてます!他の商品も同じようにしたら全体的に
 売れ行き上がりましたー

 

と喜びの声を頂きました(*´Д`)

 

私も一安心です( *´艸`)♪

 

何故、売れたかと言えば
その方が仕入れた商品は売れる商品だったからです。

 

正直「売れる商品」なのに「売れない」と言う方は多いです。

 

特に新規出品した商品でありがちです。

 

それなので、新規出品をするのであれば「やる事はやる」という事が大切です。

 

何が言いたいかと言いますと
新規出品したらそのまま放置してませんか?
という事です。

 

出品したから後は売れるのを待つだけと思っていませんか?

 

新規出品とは「Amazon上になかった物を出品する」わけです。

 

そして忘れがちなのが、真っ白の状態で売り始めたわけですから
Amazon内での集客も0からスタートなのです。

 

 

さて、ここで少し会話をさかのぼってみましょう。

RAさんって、〇〇〇見てますか?

Aいや、見てないです・・・そもそもそれなんですか・・?」 

はい、これです。

 

私が会員様に聞いたのは

 

RAさんって、ビジネスレポート見てますか?
と、問いました。

 

相乗りをされている方も確認していた方が良いのですが、
新規出品をする方は特に確認していた方が良い場所です

 

ビジネスレポートはご自身の各商品の情報が確認できます。

 

特に注目したいのはセッション数です。

 

会員様にもそれを伝えたのですが

Aセッション数ってなんですか?

 

売り上げを伸ばしている方たちは全員ではないのでしょうけど、
大体の方が確認しているかと思います。

 

セッション数とは、そのページに何人が来たかと言う数です。

 

Aそれと値段を下げちゃいけない理由と何が関係あるの?

 

ピンときた方も多くいらっしゃるかと思いますが、かなり関係しています

 

貴方がAmazonで買い物をする時を考えてみましょう。

 

例えば何かを検索してズラッと関連した商品が出てきますよね?

その後「お、この商品いいな」と思ったらそこのページに入って購入するわけです。

そこのページに入らなければ商品は当然買えませんよね?

 

では、先ほどのセッション数・・・
セッション数は「そのページに来てくれた数」です

 

要はページとは店舗です。
極端な話がセッション数が0だとしたら
開店しているのに、その店舗にお客様が入ってきていないという事になります。

 

店舗にお客様が入らなければ当然商品は売れません

 

ですから、一番最初にやるとしたら
値段を下げる事ではなくセッション数を上げる事です。

 

もし、相場より高い値段だったら平均に合わせるのが先ですが
今回の会員様の場合は値段は平均的だという事だったので
それ以外の事でアドバイスをし、セッション数を上げました。
※勿論、必ず上がるわけでは御座いません

 

どうしてもお客様にとって需要がない物であれば、
一部のマニア等以外には見向きもされないわけですから・・・

 

しかし、会員様の商品は「これだったら売れるんじゃない?」と思った
商品だったので、ただお客様に見てもらえていないだけと感じました。

 

結果、お客様の目に触れ売れて行ったみたいなので
その商品を仕入れて正解だったわけです。

 

ご入会されている方々に申し訳がないので、
セッション数を上げやすくする方法などは省かせて頂きますが
要は「セッション数を上げれば売れるかもしれない」という事です。

 

しかし、セッション数がかなりあっても売れない場合もあります。
セッション数もある一定以上あり、価格も平均又はそれ以下であれば
また別の個所で不十分な点があるという事になります。

 

セッション数があるという事はその数だけ気になっている方がいるという事です。

その事からセッション数がある一定数以上あるのに売れないという事は
他に原因があるという事です。

 

 

 

さて、あまりお話はできませんので
今回はセッション数の見方をご案内いたします。

 

まずはAmazonのセラーセントラルにログインします。

 

そうしますと、セラーセントラルの上部にあるタブの中に「レポート」と言う
場所があります。

f:id:rt-jpn:20170227025152j:plain

 

この「レポート」の上にカーソルを合わせると下にズラッと項目が表示されますので、その中の「ビジネスレポート」をクリックします。

f:id:rt-jpn:20170227025159j:plain

そうしますと、ビジネスレポートの画面へと移動します。

 

そして、ビジネスレポートの左サイドに表示される項目の
商品別詳細ページ 売上・トラフィック」をクリックします。

f:id:rt-jpn:20170227025208j:plain

 

クリックしますと、ご自身が出品している商品リストが表示されますよね?

 

そこの上部に表示されている「セッション」という数が実際にページを見てくださった方の数になります。

f:id:rt-jpn:20170227025215j:plain

実際にはこのセッションと言う下方向に数字が表示されます。

 

自分でその商品のページを見た場合は自分が見た数も含まれますので「-1」とします。

 

まずはここで、自分のページに何人くらい来ているか確認して
次の行動へと進めたほうが良いかと思います。

 

・セッション数が少ないのであれば、セッション数を上げる為に改善する。

・セッション数が多いのに売れないのであれば、価格以外で不十分な所があるのでは

 ないかと確認する。

・それでも売れない場合は少しだけ価格を下げてみたりする

 といった流れです。

※黒い点を二個ほど置きましたが、値段を下げる前に何個かやるべきことはありますので、色々と実践してみてください。

 

悲しい事にどんなに下げても売れない商品だってあります。
実際に私も何度も経験した事あります・・・(泣)

私のリサーチ不足だったのですがね(´・ω・`)

 

FBAで出品しているのであれば、
あまりにもずっと売れないとFBAの「長期保管料」が掛かってきてしまいますので
倉庫から返送して地道に自宅発送で販売するのも考えた方が良いですね。

 

赤字処分してしまった方が良い場合もあります。

 

それに関しては出品者様次第ですので、絶対にそのほうが良いとは言えませんが
私であれば「赤字処分」します。

 

自宅に在庫を置くのも嫌なので(´・ω・`)

※あくまでも個人的な意見です(笑)

 

 

さて、如何でしたでしょうか?

 

もし、この商品売れないんだよなーと思ったら値段を下げる前にセッション数を確認してみてください^^

 

セッション数が3桁を超えているのに売れてないとの事でしたら、
値段を下げること以外から改善してみてください('◇')ゞ

 

値段を下げる=やり切った後の最終手段と思いましょう♪

 

今回も長文を読んでくださり有難うございましたm(_ _)m

 

 

 

~ 一言 ~

 

ネットビジネスをやっていると孤独な時間が長いです。

 

その為、会員様と通話で話せる時間が凄い幸せです(笑)

 

やっぱりあれですよ・・・・

 

会話は大事!!!