RT-JPN ’s diary

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RT-JPN ’s diary

ご覧いただき有難うございます。アメブロからお引越ししてきました。私は主にブローカーをやりながら初心者様を専門としたネットビジネスの講師をしております。ブログ内容としましては、ビジネス関連の事や商品のレビュー、紹介などをしていこうと思っております。お気軽にお問い合わせもお待ちしております。宜しくお願い致します。

    初心者だからってあきらめていませんか? ネットビジネスで自由なお金と時間を手に入れよう♪

Amazon 許可が必要な カテゴリー申請 に関して 必要?目的変わってませんか?

どうもRT-JPNです♪

 

さて、早速なのですが

あなたはAmazon出品許可が必要な下記のカテゴリーの申請はしていますでしょうか?

 

「 ドラッグストア カテゴリー 」

「 食品 飲料 お酒 カテゴリー 」

「 ビューティー カテゴリー 」

 

他にも申請が必要なカテゴリーは御座いますが
その中でも需要があるが解除したいが、申請が通らないと言う事で
悩まれている方が多いカテゴリーの3つだけ書かせて頂きました。

 

この記事にたどり着いたのも、上記で悩まれている方だからではないでしょうか?

 

この記事までたどり着いたわけですから
ご自身で色々と調べている方かと思います。

 

もうご存知かもしれませんが
現在の申請の条件としては下記の通りになっています。

 

Amazonが求めている内容の卸業者の請求書

・30点以上の購入した請求書の提示

・申請から許可の間にAmazonからご連絡があるのでその際に電話対応

 

基本的に上記がクリアできれば申請が通るわけです。

 

しかし
資金があったり業者にコネがある方は問題ないかと思うのですが
小売りをしていない卸業者からの請求書Amazonが求めている請求書で発行して
もらい、且つ商品を30点以上仕入れないとダメとなると
個人の場合は特に難しいと思われる方もおおいのではないでしょうか?

 

ビューティーの申請にあたっては
私自身が推奨していないという事もありお断りしておりますが、
ドラッグストアや食品に関しては、私の方でもサポートさせて頂く事も出来ます。

※有料にはなってしまいます

 

さて、今回はサポート入会などのお話ではなく
言ってみれば真逆のお話になります。

 

結果から言いますと、サポートを受けなくては良いのでは
と、言う内容になります。

 

サポートをしている同業者様から言うと

そんなこと言うなよ・・・

と言った内容になるかと思います。

 

 

 

という事で、今回のテーマはコチラ

f:id:rt-jpn:20170312172207p:plain

 

はい此方になります。

 

 

まず、カテゴリー申請の解除に関しては正直メリットは多いです。

 

ドラッグストアなどのカテゴリーは、仕入れたい商品が該当してしまう事も多いので
出来れば申請して解除をして、ある程度の商品を取り扱えるようになれば
取扱商品の幅が広がったり、回転率も上がると言うメリットがあります。

 

家電、ゲームと言ったように参入者も比較的少ないので
申請を解除して失敗と言う事はありません

 

要は必要な方であればデメリットはないのです。

 

 

ですが、よく考えてください。
あなたは本当にそのカテゴリー申請が必要ですか?

 

 

と言いますのも

必要であればデメリットはないと記載いたしましたが
必要がなかった場合はデメリットになる場合もあるのです。

 

 

どういう事か・・・

 

簡単にまとめてしまうと
カテゴリーに該当する商品を常時取り扱い、利益がとれますか?という事です。

 

 

そのカテゴリーを取得したら
その取得したカテゴリー内で利益を取らないと意味がありません

 

すら取れない可能性もあります。

 

そのとは・・・

 

細かい事は省きますが、申請する際に30点以上の仕入れが必要なわけです。
それを申請したからと言っても「必ず通るかわからない」というリスクもありますし
一回で申請に通ったとしても30点以上仕入れたわけですから
仕入れ代金を商品を売って取り返さないといけないのです。

 

当たり前じゃん・・・って言われる方もおりますが
その当たり前が出来ていない人が多いのも事実です。

 

よく「他のカテゴリーで売り上げがあるから最悪はそっちで元を取ればいい
と答える方もいらっしゃいますが、それって意味ありますか

 

売り上げを上げる為に申請をしたのに、
そのカテゴリーでは元すら取れずに、結局他のカテゴリーでカバーする。

 

この状態であれば、申請した事に意味がないですよね?

 

確かに、万が一の事を考えれば他のカテゴリーで売り上げがあり
カバーするのはリスクヘッジにもなりますし、良いことだとは思います。

 

ですが、他のカテゴリーでも利益が取れずにトータル的にも
元が取れていない方もいらっしゃいます。

 

勿論、上記で書かせて頂いた通りで他で元が取れたとしても
それでは意味がないに変わりは御座いません。

 

 

要はAmazonの申請を解除する為だけに
卸業者から商品を購入しただけになってしまているわけです。

 

その時点ではただの消費者なわけです。

 

卸業者様からすれば
大量に買ってくれた分、店頭に並ぶ価格より安くして売った
と言うだけです。

 

仕入れた側は、その商品を売る事ができないのであれば
特殊な卸業者と言うお店から商品を買っただけなのです。

 

 

当たり前ではありますが

販売者とは、消費者に商品を売って利益を取る者

消費者とは、店舗(業者)などから欲しい商品を買う者

という事です。 

 

言い方は悪いかもしれませんが
仕入れた(購入した)だけでは、消費者という事です。

 

話が横道にそれましたが
そのカテゴリーで最低限仕入れ代の元も取る事ができない場合は
そのカテゴリーはその方にとっては必要ではなかったという事です。

 

 年月が経ち、最終的には需要があったと言う方もいらっしゃるので
一概に絶対とは言い切れません事をご理解下さい。

 

ただ、年月を掛けてしまっている時点で
その場では必要はなかったとも言えます。

 

要は時間が経ってから申請しても実質変わらなかったという事です。

 

この事を話しますと

申請解除して販売してみないと結果なんてわからない

販売したいものがあるから解除したい

と、言われることも御座います。

 

確かにそうです。
販売してみないとお客様(消費者)の反応はわからないわけですから
そう考えるのもわかります。

 

しかし、下記について質問を返すと戸惑う方も多いです。

そのカテゴリーに該当する商品の在庫はいくつお持ちですか?

該当する商品の仕入れ先はお決まりですか?

該当する商品で販売する予定の物は数点ではないですか?

 

例えば、カテゴリー申請したいという事であれば「売りたい商品がある」と
言うところから申請しようと考えると思います。

 

中にはとりあえず申請だけ解除しておこうと言う方もおられますので
一概に言える事ではないのですが、きっかけとしては
売りたい商品があるから申請したいと考える方が多いかと思います。

 

ですが、その中で下記のような状態の方が沢山おられます。

実際に売りたい商品の在庫を持っていない

仕入れ先も決まっていない

在庫もない上、仕入れ予定も少ない種類しか決まっていない

他にも色々とありますが、上記に当てはまる方も多いのではないでしょうか?

 

何かをきっかけに必要だと思い込み取得する事が目標になっている方が多いです

 

検索でネットビジネスで検索すれば色々ヒットする時代です。

何処かの動画サイトやセミナー広告、教材販売のサイト等で軽い洗脳をされてしまったのでしょう。

ご質問者の中にも「そう思いざるを得ない方が多い」です。

 

 

・「そのカテゴリーに該当する商品の在庫はいくつお持ちですか?

一つ目、なぜ在庫がないと駄目なのか・・・

此方に関しては、在庫はなくても駄目ではないです。

しかし、手元に該当する商品がないと言う事は
0から仕入れをしなくてはならないという事ですよね?

 

その為、出費が大きくなると言うデメリットが御座います。
請求書発行してもらった時に仕入れた商品を売ればいいじゃん」と
答える方もいらっしゃいます。

 

それも一理あるので在庫はなくても大丈夫とお答えいたしましたが
初めて取り扱うジャンルの商品を仕入れた分すべてを100%売る自信はありますか

 

少量だけ売るのであれば、誰にでも出来ますが
例えば30点同じ商品を仕入れた場合、売り切る自信は本当におありですか
勿論、利益を取る前提です。

 

売れると思うから仕入れるんだ」と言う根拠もない自信ではなく
根拠のある自信で売り切る自信はありますか

という事です。

 

まだ販売したわけではないのですから、売り切る自信があるわけないですよね?

 

売ってみないとわからない

実際はこれが正解なのです。

 

これはどの販売者だって同じです。
勿論、プロだって同じです。

 

ただし、プロの場合は売れない物でも売る技術を持っています。
個人規模では中々できない技術です。

 

請求書発行してもらった時に仕入れた商品を売ればいいじゃん
もうお分かりの通り、これに対してはそれができたら苦労しないですね
しか答えようがありません。

 

規模によってロット数は異なりますが、どの大手企業様も
販売実績がない商品に関しては、テスト的に少量で仕入れます。

 

売れない物も必ずあるから、小ロットづつ何種類もの商品を仕入れのです。

 

売れなかったものは別のルートで販売するという事です。

 

 

ですから、手元の在庫に該当してしまう商品がいくつかある上
その他にも仕入れたい商品がある時に申請をすると言うのが理想と思います。

 

仕入れた商品が売れなくても手元にある該当する商品がいくつかあれば
1商品で勝負するよりはカテゴリー内で売れる可能性は高くなりますので
少なからずリスクヘッジになります。

 

勿論、それでもどれも売れなかったと言う場合も御座いますので
なるべくリスクを避けるように考えて行動する事が必要です。

 

 

該当する商品の仕入れ先はお決まりですか?

二つ目に仕入れ先に関して・・

 

請求書を発行した時に利用した仕入れた卸業者で仕入れればいいじゃん
と思いますよね?

 

確かにそうです。
販売してみて売れたらその卸業者から仕入れての繰り返しをすれば・・・

 

 

・・・

 

 

しますか

 

自分の足を運んで卸業者を見つけたり、コネがあった場合は別ですが
大体がネット検索で探して見つけたなど、誰でも見つけられる卸業者様
長く付き合うという事は余程の事がない限りないです。

 

確かにはじめて仕入れた卸業者が平均より下の価格で卸している業者様であれば
そこで仕入れれば良いと思います。

 

ですが、個人がネットで簡単に見つけた卸業者です。

 

何が言いたいかと言いますと、個人がパパッと調べた卸業者が
安い卸業者だと思いますか

 ※勿論、偶然にも良い卸業者様を見つけられる場合もあります

 

 

手始めに、有名どころだとネットで検索すればすぐに出てくる
NETSEAなどの卸業者に登録してみてください。

 

月額、年会費などございませんので
気になる方は下記にリンクから登録してみてください。

 

念のために言っておきますが
リンクは貼っておりますが、アフェリエイトなどのリンクではないので
私にお小遣いが入る事は御座いませんので、お気軽にクリックしてください(笑)

 

本当かよ・・・こいつに1円でも入ったら嫌だな」と疑うようでしたら

ネッシー 卸」などでご自身で検索して頂けたらと思います(笑)

 

www.netsea.jp

 

 

 

さて、話を戻します

 

リンクを貼らせていただきましたが
この卸サイトで仕入れてくださいと言っているわけではないです。

 

そもそも、こう言った卸業者の請求書は
Amazonの申請では落ちる可能性が高いのでおススメしていません。

Amazon自体の基準改訂などにより、必ず落ちると言いきれるものでも御座いません

 

例えで上記のサイトをご紹介させていただきましたが
卸値を見てびっくりする方もいらっしゃると思います。

 

 

勿論、卸している業者様にもより異なりますが
普通のネットショップで買った方がやすくない?
と、思うような業者様が多いです。

 

要は卸サイトではありますが、個人が買う量ぐらいになりますと
卸単価はかなり高いです。

 

寧ろ、小売価格以上の値段じゃんって思うところも御座います。

※相手も商売ですので批判する気は一切ございません

 

上記のような卸業者をネットで簡単に見つけることはできますが
その中で良い卸業者を見つけると言うのは、運が良くない限り難しいです。

 

はじめて仕入れた卸業者が良い卸業者だったら問題ないのですが
大体が他の卸業者を探します

 

他の卸業者を探して見つかればいいですが

卸業者が見つからない

結局、安い通販で買う(仕入

或いは諦めてしまう

と言う方を多く見かけます(耳にします)

 

確かに店舗や通販などで安く買ってきて転売する方法(せどり)でも
利益を出す事は可能ですが、仕入れが持続できない事の方が多く
在庫がなくなる度に違う商品を探してと繰り返す事になります。

 

その店舗が安い値段で常時販売している商品と言うものでない限り
必ずその商品は仕入れられなくなります

 

他の店で同じ商品を見つけるか違う商品を見つけるかの
どちらかになるかと思います。

 

この方法に関しては、安定に稼げる保証はない事から
私は推奨しない手法です。

※一部の手法のせどりは除く

 

上記の事から卸値の平均位で卸してくれる業者様を事前に探していたり、
取引をしておいた方が良いという事です。

 

 

該当する商品で販売する予定の物は数点ではないですか?

3つ目・・・

ここまで読んでくださった方は既にお分かりだと思いますが
大手でも小ロットでテスト的に何種類もの商品を仕入れわけです。

 

数点しか売ろうと思っている商品がないのであれば
少ない分、売れる可能性や回転率は悪いので
常時ヒットさせる技術がない限りは数点での出品はリスクがあります。
仕入れ代の元を取るのが難しいという事です。

 

少量で良いので、何種類か商品を並べて売りに出せる状態の方が
好ましいという事です。

 

 

さて、如何ですか

 

あなたはすぐにそのカテゴリーが必要ですか

 

先を見て取得をしておく事は良い考えとは思いますが、
申請する際に仕入れたお金で違う商品を仕入れておけばよかった
後悔する可能性もあります。

 

申請に関しては、

資金に余裕があるからとりあえずとっておこう

手元の在庫に該当する商品があるからどうしても解除したい

というような方ではない限り、一度冷静になってよく考えて見てください

 

実際に申請を解除できたと喜んでた人が
一か月もしない内に売れなくて悩んでいると言う方も
よくいらっしゃいます。

 

まずは、ご自身の販売できるカテゴリー内でトータル的な売り上げを伸ばしてから
次のステップとして申請を考えてみてはいかがでしょうか?

 

どうしてもなるべく早く申請をと考えている方は、一度私にお問い合わせください。
相談は無料ですし、此方からは一切セールスは行いませんのでご安心下さい。

 

お問い合わせは右のお問い合わせフォーム、又はLINEからお気軽にご連絡ください。

 

 

さて、最後になりますが
申請をすることに必死になりすぎてしまって、
解除することが目的になってしまっている方も多くみられます。

 

売り上げを伸ばすことを前提として申請するわけですから
申請を解除する為だけに頭を取られないようにご注意ください。

 

 

各サポートの相談は無料です。

・ビジネス個別サポート(各プラン)

・一時サポート(短期間)
・申請に関するサポート(Amazon関連)

各プランをご用意しておりますので、ご興味があれば一度ご相談ください。

 

※入会にあたっては誰でも入会できるわけでは御座いません。
入会前にメールや通話にて簡単な面接を設けさせていただいています。
右のリンクの~自己紹介~に詳細を記載しておりますので、
お読みになられてからご連絡頂けると幸いです。

 ※根拠もなく誰でも儲かりますや教材、ツールの配布は行っておりません

 

ここまで読んでくださり有難うございましたm(_ _)m

 

 

 

~ 一言 ~

 

以前、記載していた「キーボードのお勧めありませんか?あったら教えてください」と言う一言に対してご連絡を頂けました^^

 

調べてみた結果、望んでいたキーボードに近い感じがしたので其方を近々購入予定ですw

 

お教え頂いたKさん、本当にありがとうございましたm(_ _)m