RT-JPN ’s diary

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RT-JPN ’s diary

ご覧いただき有難うございます。アメブロからお引越ししてきました。私は主にブローカーをやりながら初心者様を専門としたネットビジネスの講師をしております。ブログ内容としましては、ビジネス関連の事や商品のレビュー、紹介などをしていこうと思っております。お気軽にお問い合わせもお待ちしております。宜しくお願い致します。

    初心者だからってあきらめていませんか? ネットビジネスで自由なお金と時間を手に入れよう♪

良く魅せるのは大切、しかし良く魅せすぎるのは駄目。

どうもRT-JPNです♪

 

本日は久しぶりにマッサージ店に行きました♪

座っていることも多く、どうしても腰が・・・

パソコンとにらめっこの日もあり、背中もだんだん丸まってきてしまうので
なるべく定期的に通うようにはしていますが、バタバタしていて中々行けなかったので
久々に行けてスッキリ( *´艸`)♪

リラックスもできますし、新たな人脈もできることがあるので
そう言った意味でも外に出かけることは大切ですね♪

 

 

さて、外へ出かけると色々な店舗がありますね。

個人的に気になっているのが、最近ではよく見かける
オーバーなキャッチフレーズなどです。

 

街を歩いていて見かけたことはありませんか?

例えば、冒頭に話が出たマッサージ店で言いますと
一回のマッサージで体がラクになりますとか。
或いは他店に負けない自信がありますだったり。

 

しかし、実際に行ってみると
え?あんまり他店と変わらない・・・」だったり
寧ろ、他店のほうが良いんじゃないか?」など。

 

物販に関しても似たような方がいます。

 

しっかり検品して綺麗に梱包して発送します」だとかですね。

しかし実際届いてみたら、
梱包は綺麗でも中国品で衣類だとしたら著しい糸のほつれがあるなど。


説明には海外製品の為、糸のほつれはご了承くださいなんて言葉は書いてありますが
しっかり検品したのであれば、そこまでひどい糸のほつれはないはずですよね?

なぜ、そのお客さんがそこで買ったかと言うと
中国製品と明確に記載されており、糸のほつれは多少ある場合があると書いてあるが
少なからず検品しているならば他店よりは糸のほつれ等も少ないだろうと思い
買っているわけです。

しかし、実際にタイトルや説明文に検品していますと書いてあるような
SHOPの評価などには「粗悪品だった」と言うようなコメントが多いのも事実です。

 

当然ですよね。

いくら海外製品の為、糸のほつれはご了承くださいと書いてあろうが
しっかり検品したのであれば他店以上のクオリティを求めて買うわけですから
同等、もしくはそれ以下だった場合は悪いイメージしか持てません

 

もし、10人に同じように売って1人からクレームが来ると
逆に糸のほつれはご了承してくださいと書いてあるだろと
自分ではなく購入してくれたお客さんが悪いかのように言う方もいらっしゃいます。

 

ただ、よく考えてください。
実店舗であれば見て触って試着してとできます
ネットであれば、写真や説明文でしかお客さんに判断材料はないのです。
※ネット販売で衣類を売った場合です

 

その販売業者の説明文を信じるしかないお客さんからしたら
良い商品と思い込ませて粗悪品を売りつけている販売者としか思われません。

残り9人は気にしていないか諦めたかの良いお客さんだったのでしょう。

しかし、悪戯によるクレーマーのコメントは除きます
リアルなお客様のクレーム内容が一番のお店に対する評価なのです。

 

正直言ってしまえば、そう言った販売者って書いてあるだけで
実際は検品してない方が多いのですよね。

検品したとしてもパッケージングされた商品の外観をパッと見るだけで
はい、おっけー程度の簡単な物ばかり。

表のパッケージ見て、裏のパッケージ見てうん、きれいみたいな
感じで見てるだけにすぎません。

 

検品とは製品の検査を意味します。

商品販売であれば、その商品に対して破損はないか動作は大丈夫か
著しい汚れやほつれはないかなど、商品に問題があるかどうかを調べること
検品と言います。

 

稀に商品数が多いから一個一個なんて見てられないよとか
そんな暇あったら違う仕事してるよなんて方もいらっしゃいます。

 

そんな暇あると思う?と言うような言い方をする方もいらっしゃいますが
逆になんで「検品してないのに検品したと書いてるの?」と聞きたいですね。

 

その販売者の嘘の言葉がなければ、トラブルは避けられたわけですから。

 

肩書は検品してるから安心してと言ってますが、買わせる為だけに
お客様に偽りの安心感を生ませて販売しているだけですから
クレームがあっても不思議はないという事です。

 

中には悪気がなく自分でハードルを上げてしまっている方もいらっしゃるので
商品説明は一度作ったらはい、終わりではなく、日が経ってから見直すのも
良いかと思います。 

 

 

と、いう事で前置きが長くなってしまいましたが
今回のテーマはこちら♪

f:id:rt-jpn:20170323001729p:plain

はい、こちらになります。

 

悪気はないけど不意に使った言葉が自分で自分のハードルを上げてしまい
その結果、自分でクレームを作らせてしまったと言う方が多いように感じます。

 物販をやり続けていると、出品作業などにも慣れてきて
まだ出品して間もない商品などは問題ないのですが、
ちょっと前に出品した商品説明の内容でトラブルになったという方が比較的多いです。

 

ビジネスを始めて間もない時は、あれもこれもとやる事が多く
一つ一つの作業を必死にやっている傾向にあります。

勿論、必死にやる事が悪いのではないです。
ただ、必死にやっている事で考える余裕がなく
普段だったら気づく事が気づかなかったりします。

 

商品説明文で言いますと、似た商品のページを作っている時など
商品説明自体が逆に記載してしまったとか誤字、余計な言葉などがあげられます。

 

例えば先程の「検品してます」もそうです。
以前はしっかりと検品していたとしても、仕事が増えてやる暇がなくなってしまった
今は検品をしていないわけですから、商品説明から削除しなくてはいけないわけです。

 

しかし、一度作って日が経ちますと
以前に作った出品ページの内容なんて一言一言覚えてないですよね?

 

ですから出品したらはい、終わりではなく
期間を決めて再確認する癖をつけたほうが良いと思います。

 

例として一か月の期間とします。

3月に出品したものは4月末に確認4月に出品したものは5月末に確認などです。

これをする事で気づかなかった事も気づける場合が御座います。

 

確定申告に例えますと
毎日終業時間に経費の入力週末に入力一か月に入力
企業様によって異なるとは思いますが、期間を決めて
しっかり入力していれば確定申告はそんなに困る事はありませんよね?

 

勿論、領収書の紛失による漏れなどもなくなるわけです。

 

ですが、入力を疎かにしていると申告時期が近づくにつれて焦りだし
領収書をかき集めるような行動をするわけです。

 

保管場所が決まってなければ、経費で落としたい分の領収書が紛失していたり
これはどの項目?などと頭いっぱいにしながら必死に作業する羽目になります。

 

不慣れな行動をすることに関しては、誰もが作業はスムーズにいきません。
確定申告などは特にあまり経験した事がない方からしたら戸惑います。

 

要は後回しにすればするほど、自分のハードルを上げてしまっているのです。
普段見ても確定申告は頭がごちゃごちゃになるという事であれば
後回しにするという事は、自ら短期間の間に行わないといけない状況
作ってしまっているわけです。

 

入力する期間を決めて実施さえすれば紛失などトラブルも防ぐことができます
ある程度纏まっている状態であれば漏れのチェックなど
簡単に確認する事ができます

 

自分のハードルを上げすぎるのは、トラブルに直結します。

ですから、
普段から商品に関する事であれば説明文などに間違いがないかなどの確認
仕事に関する事であれば、自分を追い込むような状況にしてしまったり
間違えを増やさない為に小まめに実施して行くことが大切です。

 

とは言いましても、商品をネット上で販売するには少しでもお客様にとって
魅力的でないといけません。

売れなければビジネスは成り立ちませんからね・・・

ですから商品やサービスを良く魅せるのは良い事だと思います。
私がダメと言っている事は良く魅せすぎる事です。

簡単な話が通常より期待値を上げる行為です。
文章で例えるとちょっと説明しにくいのですが
商品自体がA,B,Cランクと三つのランクに分れていたとします。

A>Cとした場合、良く魅せすぎるというのは
商品自体はBなのにAと思わせるような行為という事になります。

要はお客様はAランクだと思って買ったのに、届いたものはBだったとなれば
クレームが来る確率が上がります

 

意図的にやったのかどうかは別として、ご相談に来てくださるお客様で
上記のような行動をしてしまっている人は上手くいかず廃業される方が殆どです。

私に依頼してきた方達だけでの話であり
日本全国でそうかと言われればわかりかねますが、
少なからず同業者様とお話をしている時に
同業者様のお客様の話などを聞いても、
上記のような行動をしている人は
上手くいっていない傾向があると話されていました。

 

これに関しては、決めつけるという事は私にはできません
良い方向には行きにくいタイプだとご参考までに頭に入れておくと良いかと思います。

小規模なデータではありますが、リスクがあるデータの行動を
わざわざやる必要はないと私は考えます。

 

しかし、いくら入力などはめんどくさいとは言っても
商品に関して嘘は駄目ですよ?(笑)

 

クレームどころか信用を失いますから、
長い目を見るとクレームになるような行動は避けたほうが良いと思います。

 

商品や確定申告の他にも気づかないところで自分のハードルを
上げてしまっていることが御座います。

仕事に限らずプライベートでもです。

 

今一度自分の仕事やプライベートも含め見直してみて
通常より期待値を上げていないか考えてみるのも良いですね♪

 

 

ご不明点やご相談などございましたらお気軽にリンクにあります
お問い合わせフォーム又はLINEからご連絡下さい。

※此方からは一切セールスは行いませんのでご安心くださいませ。

 

ここまで読んでくださり有難う御座いました。