RT-JPN ’s diary

RT-JPN ’s diary

ご覧いただき有難うございます。アメブロからお引越ししてきました。私は主にブローカーをやりながら初心者様を専門としたネットビジネスの講師をしております。ブログ内容としましては、ビジネス関連の事や商品のレビュー、紹介などをしていこうと思っております。お気軽にお問い合わせもお待ちしております。宜しくお願い致します。

    初心者だからってあきらめていませんか? ネットビジネスで自由なお金と時間を手に入れよう♪

小規模の市場で有名にして販売!

どうもRT-JPNです^^

 

さ・・・寒い・・・!

 

暑い方が得意な私にとっては嫌な季節到来です・・。

 

お願いします!

雪だけは降らないでください(´-ω-`)w
※当方、関東住

 

 

さて、それはさておき今回のタイトル
小規模の市場で有名にして販売!

 

何の事かよくわからないですよね^^;

 

簡単に説明してしまうと

あなたが持っている売れない在庫を売ろう

という内容です。

 

だったら、そうやってタイトルつけろってね・・・w

 

ですが、今回つけたタイトルはとても重要なことでもあります。

 

さてどういうことか・・・・。

 

まず、売れない商品について。

 

大体の売れない商品と言うのは下記に該当します。

 

需要はあるが供給が多すぎるもの

供給は少ないが一般的に需要がないもの

平均価格に対して高値であるもの

一部の人には人気があるが世間ではあまり知られていないもの

 

勿論、すべての在庫が上記に該当するものとは言い切れませんが
大体が上記のような物が売れ残り、在庫になっているケースが多いです。

 

 

需要はあるが供給が多すぎるもの

これに関しては、極端な話が販売している人が多すぎて
自分以外の出品者様の所で売れてしまう可能性が高いという事。

 

しかし、これに関しては改善方法はありますのでスルーしていきます。

 

供給は少ないが一般的に需要がないもの

 

こちらは、一般の方はあまり使わないという商品が多いです。

極一部ではありますが、現場で使うような本格的な工具や
工場などでありそうな設備など・・・

 

そちらも含めて回転率は悪いので在庫になりやすいです。

 

ですが、売れれば利鞘的には多く取れる商材でもあります。

 

 

平均価格に対して高値であるもの

 

これは少し考えればわかりますよね・・・

平均的に似たようなポーチが500円で売ってたとします。

自社のオリジナルのロゴなどを入れてオリジナル商品を作ったとした場合
どうしても製作費の関係で1500円くらいで売らないと・・・
となった場合はやはり売りにくいです。
※自社ブランドが有名であれば売りやすいですが・・・

 

勿論、こちらも改善策はありますので再びスルーで・・・

 

 

一部の人には人気があるが世間ではあまり知られていないもの

 

さて、最後です。

これが今回のメインです。

 

と、言いますのもこれに関する商品で在庫を持ってしまってる人
とても多いのです。

 

需要はあるのに一般の方にはあまり知られていないから売れない

あることすら知らないので検索されることも少ない

結果・・・売れないで在庫になる。

 

その在庫商品が供給が少ない程、本当に勿体ない在庫です。

 

なぜ勿体無いかというと
需要がありライバルが少ない商材なのに売らないわけですから・・・

 

これに関しては、全てとは言えませんが少しだけ書きたいと思います。

 

 

そのヒントとなるのが今回のタイトル

小規模の市場で有名にして販売!」なわけです。

 

今回は大体の物販の方が利用しているネット販売を主として書いていきます。

 

はじめに書いておきますが、
何も大ウソ叩いて無理やり販売するというわけではありません

 

その商品自体が需要があるのであれば
その商品の良さを伝えることができれば良いのです。

 

例えば、 Amazon楽天 といった大きな市場でやろうとしても
正直あまり効果がありません

 

寧ろ、大きな市場であれば知っている人も多いでしょうから
検索される確率も高いのでそこまで困らないかと思います。

 

言い方を変えれば、大きな市場でも検索されて購入してもらえないのであれば
その商品自体の認知度が低く、検索されないわけです。

検索されないのであれば、ランキングも下のほうに行ってしまい
沢山の商品の中へ埋もれていってしまうという事になります。

 

Amazonなどの大きな市場で他の出品者様が販売していないのであれば
尚更認知度が低いともいえます。

中には、Amazonなどで販売すればすぐに売れるのに
プライドやめんどくささを理由に自社のECショップなどでしか販売していない
という方で需要がある商品なのに在庫を抱えている人も多く見られます。

 

ですが、中には大きな市場や世間的にも認知度は少ない
知ってもらえれば需要がある商品というのも確実に存在します。

 

それが、ブレイク前の商品なわけです。

 

さて、ブレイク前の商品を大きな市場で広めようとしても
中々、お客様の目に触れることができず売れない可能性は高いです。

 

勿論、大きな市場で出品しておくのは一つの手法でもあります。

 

ですが、なるべく早く広めたいというのが本音ですよね・・・

 

仕入れてしまっている以上はお金が発生してしまっているわけですから
せめて仕入れ金だけでも早く回収したいのが本音だと思います。

 

そこで利用するのが、利用者がそこそこいるような小規模マーケットでの販売です。

 

そこでただ販売するだけではなくて、
そこでその商品を有名にしてしまおうということです。

 

そんなことできるの?って思う方もいらっしゃるかと思いますが
結論から言えば確実にできます

 

勿論、誰もが簡単にすぐ出来ますというわけではありません

すぐ出来るのであれば在庫抱える人なんていないですからね・・・

 

 

では、実際にどうするか・・・

 

ただ、出品したページを見てもらえばいいのです!

 

は?って思いますよねw

 

でも簡単に言ってしまうとそう言うことなのです。

 

勿論、商品説明などがしっかりしている事は条件ではあります。

 

折角、出品ページを見てもらえても
その商品を良いと思わなかったら買ってもらえませんよね?

 

ですから、商品説明がしっかりしている事が条件にはなります。

 

しかし、何で見てもらうことが重要なのか・・・

 

例えばですが、貴方がほしい商品をインターネットで検索したとします。

その時、大体の商品が検索ワードに対してズラーと出てきますよね?

 

そこで検索した商品に対して該当した商品が100桁以上の商品に該当した場合
貴方は1~100まですべての商品をチェックしますか?

 

大体は商品のメイン写真を見た時点で気になった商品のページだけを見て
目に止まらなかったものなどは飛ばしますよね?

 

要は当たり前ではありますが、飛ばされてしまったら
どんなに良い商品を販売していても売れないわけです。

 

そのページに入らない限りは注文ページにいけないわけですから・・・

 

ですから見られる事は最低限必要であり、最も重要な事でもあります。

 

しかし、上記は検索に対してかなりの商品数が該当した場合です。

 

一般的に知られていない商品であれば、そのワードで検索する人がいない又は少ない
わけですから更に見られる可能性が少なくなるということです。

 

ですから、そこを目立たせる必要があるということです。

 

方法としては様々な手法はありますが、よくやられるのが SEO対策 です。

しかしながら最近ではSEO対策をしてもあまり効果が出ない場合もあります。

 

勿論やらないよりはやった方が良いとは思いますが
それだけでは効果が期待できないので他の手法も入れるという形です。

 

それは置いといて、
なぜ利用者はそこそこいるがトータル的に見て小規模の市場でやる事に
意味があるのか・・・

 

それは簡単なことで目立ちやすいからです。

 

リピートして買うもの(消耗品など)であれば、売る度に
なんでこんなにもこの出品者からこの商品が売れているんだろう」と
気になる方が出てくるからです。

 

そうしますと「こんなに売れているのであれば試しに買ってみよう」という
消費者様の購買欲が出てくるのです。

 

たとえば、アイコスもそうです。

 

出た当初は、アイコスって全然売れていなかった
たばこ屋さんなどではほこりが被るほどの在庫がありました

 

しかしちょっと前まで 転売ヤー と言われる方々が買い漁り
定価の倍額で販売しても売れる大人気商品になっていましたよね?

 

しかも倍額でもバンバン売れていたわけです。

 

みんなが使ってるから

倍額でも周りは買ってるから

どこを見ても売り切れてるから

有名な芸能人が使っているから」といった用に
様々な理由で購買欲が増して私もほしいという考えになり売れていたわけです。

 

今ではアイコスの転売ヤ―も売りにくくなってきて
在庫処理に必死になっておりますが、要は利用者が少ない媒体で
バンバン売る事ができれば気になる方が増えてくるということです。

 

これが大きな市場では中々販売しずらいですし、目立ちにくいので
利用者が比較的少ない媒体を選ぼうという事です。

 

勿論大きな市場でバンバン売れるに越した事はないですがね・・・

 

しかし、
自分のECショップで売れなければ意味ないじゃんと思う方も
いらっしゃるかと思います。


確かに、大きな市場などでは手数料や月額が掛かったりと
無駄な経費が掛かっているように思います。

ですが、全く売れないで在庫を作っているのと
多少なりとも売れて利鞘が取れるのではどちらが良いかといわれれば
後者ですよね?

 

ビジネスなわけですから、利鞘が取れなくては廃業するだけです。

ビジネスに利益にならない無駄なプライドはいらないのです。

 

とは言っても自社ECショップで売りたいのはわかりますし、
捨てたくない気持ちもわかります。

しかし、それも改善策はあります

それに関しては集客の内容となりますので
ここでは詳しく記載しませんが
ヒントとしては「繋げれば集客はできる」とだけ記載しておきます。

 

わざわざ営業なんかしなくても集客はできます

 

私自身、営業は得意ではないですし
そもそもが営業してる時間が時間の無駄と考えてしまう人間なので
営業せずに集客をモットーにお客様を集めています。

 

さて、小規模の市場でもすぐ有名な商品になって
バンバン売れるというわけではありません。

 

勿論、商品説明も大切ですし利用者が使ってくれて良いレビューを
増やしていく必要はあります。

 

自分の出品ページを見てもらえるように写真などで目立たせたり
購買欲を高めるようなアピールもしていかなければなりません。

 

最初はどうしても地道な作業です。

 

ですが、その地道な作業をクリアしていって
継続的に売れるような環境を作っていくことが大切です。

 

一発屋のように一回儲かったからそれで良いと言うのであれば
そのやり方でもいいのでしょうけど、ビジネスをやられていて
そのビジネスだけで生活するのであれば安定的に売れる事が条件です。

 

そうしないと生活できないですからね・・・

 

高く売る事だけに必死で後先を考えておらず
回転率が悪くなり消えていく方も多くいらっしゃいます。

 

ですから、目先よりも継続的に稼いでいけるように
下積みをしてベースを固めていくことが重要なのです。

 

ベースができたら
自社のオリジナル商品を作り、相乗り対策をして行くと尚良いと思います。

 

周りと同じような行動や売り方をしていれば
周りと同じ結果になることは目に見えています。

 

ですから、周りとは違う方法や媒体で売る癖をつけて
売れない在庫を持つのではなく、売れるから在庫を持つ
という環境を作っていきましょう。

 

在庫リスクがあるから無在庫転売が良いと言う人もいらっしゃいますが、
それは売る知識がないから在庫がリスクになっているだけで、
売る事ができる人であれば在庫を持っていた方が利鞘が多く有利です。

 

無在庫転売をしたって利鞘的には薄いので、薄利多売にしかなりません

 

寧ろ無在庫転売はリスクが多かったりします

 

無在庫転売の方を批判するわけではないのでここでは書きませんが、
もしビジネスをするのであれば真っ当な物販をした方が良いのでは?
個人的な意見ではありますが思ってしまいます。

 

行動的には似てるのに、真っ当か真っ当でないかで結果が変わってきます

本当に稼げるかどうかという結果も変わってきます。

 

本来、ビジネスというのは稼ぎ続けることが大切なのです。

一度だけ稼ぐだけではビジネスとはいえません

 

ビジネスは稼ぎ続ける事が大切であり、一度だけ儲かってハイ終わりでは
生活すらできません。

 

一か月分の公共料金だけ払って廃業ですか?という風に思ってしまいます。

 

どういった考えでやられているかはその方次第なので何とも言えませんが、
稼ぎたい精神がありビジネスをやりたいと思っているのに
無在庫転売などのビジネスではないビジネスの広告などに踊らされている人は
本当に勿体無いなと感じます。

 

 それに関しての被害者も多くいらっしゃいます

 

用はビジネスでない訳のわからないコンサルしますと言う人に
多額の授業料を払ってしまったなど・・・

儲からないじゃないかと言っても
儲からないのはあなたがやる気ないからでしょ?」と言われたり
音信不通になって逃げられたなど、こちらのブログを通して相談されたりもします。

 

 甘い言葉には必ず裏があります。

そもそもビジネスは簡単に稼げるものではありません。

 

初心者でも楽に稼げるビジネスなんて存在しないのです。

 

ですから、今設けている人は地道な努力を積み重ねているのです。

今現在稼いでいる人でも、裏では相当な努力をしています

 

努力する事をやめたら、すぐに廃業問題が目の前にやってきます。

 

何をするにしろ、努力する事には変わりがありません

 

それであれば、将来性がある真っ当なビジネスに努力して行った方
個人的な思いではありますが、良いと心から思っております

 

是非、ビジネスをやられている方やこれからやろうとしている方は
甘い言葉に惑わされることなく真っ当なビジネスの道を進んでいってください。

 

 

毎度ながら纏まりのない記事になってしまい申し訳ないのですが
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

今年も後数日で終わってしまいますが、
長く付き合ってくださってる方や今年からお付き合いができた方は
本当にお世話になりました。

 

来年度も変わらずお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

                                                                                ⓒ2017 RT-JPN Co.,Ltd.